The Book Thief

本のタイトルを見ただけで、何だかわくわくしませんか?そして内容も、その期待を裏切らない素晴らしいものでしたヽ(^◇^*)/ 

The Book Thief Book The Book Thief

著者:Markus Zusak
販売元:Alfred a Knopf
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 552ページ

作品区分: YA

ドイツのナチス政権下の時代、9歳のLieselは、ミュンヘンの夫婦にひきとられた。養父のHansは、Liselが盗んで持ってきた本を見つけても彼女を叱らず、夜中に本の読み方を教えてくれる。アコーディオンも上手で時々聞かせてくれるこのPapaのことがLiselは大好きになる。

第二次世界大戦がはじまり、暮らしはますます苦しくなるが、Lieselは友達と通りでサッカーをして遊んだり、Papaと一緒に本を読んだりして幸せだった。ある日、市長の奥さんの書斎に入れてもらったLieselは、本で埋め尽くされている部屋に茫然とする。そして、どうしても本を自分のものにしたくなり、彼女は本を盗んでしまう。

一方、Hansは、国民の多くが支持をしているナチスに賛同できずにいた。第一次世界大戦のときに、命を助けてくれた軍隊の仲間が、ユダヤ人だったからだ。ユダヤ人への弾圧が厳しくなるなか、命の恩人である彼の息子が助けを求めてやってきた。Hansは、その青年Maxを自宅の地下室にかくまうことを決める。

Maxが病気で寝たきりになったとき、Liselは傍らでずっと本を朗読してあげた。そのお礼にMaxは手元にあるたった一冊の本「わが闘争」のページをやぶり、短い物語を書いてLiselに贈る。

MaxとLiselの一家の絆は深まるが、ユダヤ人の弾圧は激しくなり、戦況は悪化していく。空襲から避難するために、街の人々はシェルターに集まった。動揺する人々の中でLiselは持参してきた本を声に出して読み始める。Liselが発する物語を聴きながら、人々は攻撃の恐怖をやりすごす。Liselたちは自宅に戻ると、Maxが無事なことを確認し、ほっとする。しかしある日、捕虜となったユダヤ人たちを収容所まで歩かせて人々に見せる「パレード」を目撃したLiselたちは、Maxをかくまい続けることが難しいことを悟る。

―― ナチス政権下の過酷な時代を生きる少女と、本と、言葉の感動の物語。

作家について

Markus Zusakは、1975年オーストラリアに生まれる。本作品は、両親から聞いたドイツのナチス時代の話がきっかけとなって生まれた。前作「I am the Messenger」では、オーストラリア児童図書賞を受賞している。現在オーストラリア、シドニー在住。(作家のHPはこちら

感想

ドイツのナチス政権下、1940年前後の厳しい時代を舞台にした物語であり、その悲惨さに胸が痛くなります。しかしその背景をベースに、作者が本当に伝えたかったことは別にあると感じました。

Liselが市長の奥さんの書斎で、あらゆる本に触れて、あらゆる本を感じる場面。

MaxがLiselのために書いた、短いけれど清らかな宝石のような物語。

そしてそのMaxを支えていた一冊の本「我が闘争」(アドルフ・ヒトラーが書いたものです)。

シェルターの中でおびえている人々にLiselが本を読み聞かせる場面。

MaxがLiselに贈った、まっすぐで優しさに満ちたもう一つのお話「The Word Shaker」。

作者の「言葉」「本」に関する強いメッセージを、読者はいたるところで受け取ることになります。

さらにもう一点、鍵となるのが語り手の存在です。主な登場人物であるLiselでもMaxでもありません。作者は語り手に「death」を登場させています。この語り手が作品をありきたりなものにせず、奥行きのある素晴らしいものにしていると私は感じました。

そして、決して読者を中だるみをさせることなく、最後まで作品の世界から逃さないのは、ストーリー展開そのものだけでなく、文章の魅力によるところも大きいと私は思います。YA作品に限定するのはもったいないくらい、上質で力のある文章だと感じました。

最後に。

この本は私に「日本」を思わせました。そして、「アメリカ」を、いま現在戦いをしているさまざまな土地の名を、思わせました。この作品は第二次世界大戦前後のドイツを舞台にしていますが、けれど私が生きている今現在の世界のどこの場所が舞台であってもおかしくない、と思わせました。

一体、これから私たちはどこへ行くのだろうか? と頭を抱えたくなるニュースであふれかえっていますが、1975年生まれの作家がこのような作品を書くことに、もしかしたら素晴らしい未来が待っているのではないかと、少し目線があがった気がしました。生きた年数で言えば、わずかに先輩であるはずの私ですが、この本にはとても励まされました。私としては、最近のベスト本。今後も注目していきたい作家となりました。

印象に残った文章を引用します。

I have hated the words and

I have loved them,

and I hope I have made them right.

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださいね(*^^*))

The Burn Journals

The Burn Journals (Vintage) Book The Burn Journals (Vintage)

著者:Brent Runyon
販売元:Vintage Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 325ページ

作品区分: YA

14歳の少年、Brantは、今日も黒づくめの服で学校へ向かう。黒が好きだから。バスでは一番後ろに座る。Coolなやつが座る席だから。IQテストで点数が良く、GT(Gifted and Talented)というプログラムへ入れられたけど、いやになって止めた。Coolじゃないから。今年に入って成績は落ちているけれど、仲の良い友達もいるし、女の子にも、もてなくもない。

しかし、ある日Brantは、自宅のバスルームでガソリンをかぶり、マッチで火をつけ、焼身自殺を図る。命はとりとめたものの、全身の85%の皮膚が焼け爛れるという大惨事となった。

皮膚移植の手術を繰り返す毎日。紫色の皮膚にフランケンシュタインのような赤い傷跡が浮かぶ。理解のない看護士やセラピストの言葉、周囲の人たちの視線に傷つく日々。しかし、世の中に対して斜に構える態度をなかなか改めることができない。

――作者の実体験を基にした14歳の少年の自殺から命をとりとめ、日々の暮らしを取り戻していくまでの物語。

作家について

作家Brent Runyonは、自身の実体験をもとに書いた本作品がデビュー作。

本作品のサイト→ http://www.burnjournals.com/content.html

感想

Brantが、あまりにもあっけなく自殺を図ることに少なからずショックを受けました。命をとりとめた後も、彼は看護士や周囲の人間に腹を立てたり、セラピストを困らせるような話を持ち出したりします。なぜ自殺を図ったのか、これからどうしていきたいのか、具体的な言葉は示されずに終わります。

けれど、読みすすめていくうちに、私がこの本に自分自身の価値観を押し付けていただけだということに気づかされます。友達も家族もいて、容姿も頭も悪くないBrant。他人からどんなに幸せそうに見えても、暗闇のぎりぎりのところで必死でふんばって生きている人間がいる、ということをこの本は教えてくれます。簡単に人間を分かったつもりでいてはならないことを、この本は教えてくれます。

作者自身の実体験をもとにして書かれた「自殺」についての物語ということで、その重たさに敬遠したくなる人もいるかもしれません。しかし「死」について書くということは「生」について書くということであり、「闇」をえがくということは「光」をえがくことであると、私は考えています。本とはそういうものであってほしいし、私はそういう本を読んでいきたいと思っています。

とはいえ、いささかエネルギーを吸われる本なので、気力のあるときに読むことをお勧めいたします。

さて、先日のサンクスギビングには、夫の友人宅にご招待いただきました。

グレービーソースのかかったターキーとマッシュポテト、デザートにはパンプキンパイとピーカンパイをいただきました。ヽ(^◇^*)/ 

ピアノのある素敵なおうちに、美しい奥さまと天使のような双子ちゃん、知的なお母さまと明るく優しい親戚のみなさん。ドクター・ペッパーやコカ・コーラ(ダイエット何たらってやつですね)を飲みながら、恒例のアメフト観戦。アメリカン・スウィート・ホームを体験してまいりました!(*゚▽゚*)

そして翌日のブラック・フライデーは、大セール開催日!!近所のショッピングモールのセールは何とAM5:00~。AMですよ、みなさん、AM!

起きれないってば…(´-ω-`)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

Lucas

Lucas Book Lucas

著者:Kevin Brooks
販売元:Chicken House Ltd
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作品区分: YA

ページ数: 359ページ

Cait(16歳の女の子)は、最近変わり始めた昔馴染みの友達Grayのつきあいで、パーティーに出かける。Jamieをはじめとする男の子たちはお酒とたばこに溺れている。Grayは楽しそうにしてるけれど、Caitは、彼らの下卑た笑いと汚いジョークで埋め尽くされた会話に、心から楽しめない自分を発見する。泥酔した彼らは、夜の街で見かけた少年に石をぶつけて遊びはじめる。

その少年がLucasだった。青い瞳に美しい顔立ちをしたLucasは、干潟にある小屋に一人で住んでいた。両親もいないし、出生地も年齢も分からないという。住まいを転々としながら、日々のお金を稼いでいた。「悪いことを避けるのは簡単じゃない。自分が一番良いと思うようにやっていくしかない」正直で、強いLucasにCaitは強く魅かれる。

町で行われるボート競技の日、事件は起こった。一人の女の子が溺れている。競技を見物している人たちは誰も助けようとせず、まるでショーの一部か何かのように傍観している。そこに一人の少年が飛び込んで女の子を助け出した。Lucasだった。しかし、女の子の母親はこう叫んだ。「汚らしい! うちの子に触らないでちょうだい!」母親の誤解に輪をかけて、Lucasを面白く思わなかったJamieたちも嘘をつく。「あいつが女の子を溺れさせたんだ」 Caitは、その嘘に流されるかのように一部始終を見ていたはずの大勢の人たちが、Lucasを疑いの目で見始めるのを信じられない思いで見ていた。

さらにLucasの立場を悪くする事件が起きた。女の子が、体中ナイフで切られて、血まみれになって倒れているのが発見されたのだ。「あの浮浪者がやったにちがいない」 「あいつを逃がすな」 人々はLucasに違いないと決め付けあちらこちらを捜しはじめる。―― Lucasが本当にやったのだろうか? 彼じゃないとしたら真犯人は誰なのか?彼を無実だと信じているCaitはどうするのか...

作家について

作家Kevin Brooksは、作家になりたいと思っていましたが、食べていくためにさまざまな職につきました。火葬場で補助員をやったり、ロンドン動物園で飲み物を売ったり、公務員として働いたり...。彼のデビュー作「Martyn Pig」はカーネギー賞で最終候補に残り、成功を修めました。現在は、エセックスというイギリスで最も小さな町に住んでいます。

感想

特に前半は、16歳のCaitの心情が細やかに表現されていて、読みたいけれど読みたくないくらい、心にせまってきました。人の心を先回りして感じとり、その意に沿うように行動してしまう彼女が、昔の自分に少し似ていたからかもしれません。自動車事故で母親を失い、その死から立ち直れない父親と、その父親を受け入れられない兄DominicがCaitとともに、Lucasとの出会いによって変化していくさまは人間の強さと美しさを書いている部分といってよいと思います。

清らかで勇敢で正直なLucasを人々は嫌います。憎みさえします。Lucasみたいになることも難しいけれど、そういう清らかな人間を認め、受け入れていく人間になることも、とても難しいのだと思い知ります。人間の醜さ、特に群集の愚かさが後半に向けて、みっちりと描かれています。

おそらく現代の北アイルランドの小さな町が舞台であると思いますが、干潟の小屋に一人で住み、人々から浮浪者(あるいはジプシー)と蔑まれるLucasの立場を、日本に住む私たちがどれほど自分に引き寄せて感じとることができるかという点が気になります。が、低いハードルに過ぎないと思います。

後半はミステリーの要素も加わり、話の流れにスピードも出てきて、一気に読んでしまうこと間違いなし!エンターティメントの作品としても十分読み応えのある作品だと思います。

最後に一言。作者が住むエセックス。イギリスで一番小さな町、なんて何だか素敵(*^-^*)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ 

Out Of the Dust

Out of the Dust (Apple Signature Edition) Book Out of the Dust (Apple Signature Edition)

著者:Karen Hesse
販売元:Little Apple
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数:227ページ

対象年齢:9歳から

主人公Billie Joeは、りんごが好きでピアノを愛してやまない女の子。オクラホマで小麦などの農作物をつくって働いている父親と、美味しいケーキやアップルソースを作ってくれる母親と暮らしています。しかしBillie Joが14歳の1934年から、彼女の人生に暗い影がちらつき始めます。

1929年に起こった大恐慌の影響はしだいに深刻化していき、さらに1934年からは、オクラホマを含めたアメリカ中南部が、日照りと砂嵐の被害にみまわれます。小麦はだんだんとれなくなり、水は乏しくなり、定期的に砂嵐がやって来ます。Billie Joにとってピアノをひくときだけが、生活の苦しさを忘れさせてくれる時間でした。

しかし、ある惨事がBillie Joの家で起こります。この事故で、母親はおなかの中の赤ちゃんと一緒に亡くなり、Billie Joは手を怪我してしまい、ピアノをひくことが難しくなってしまいます。一方、生活はますます苦しくなり、人々は土地を離れてゆきます。

ーー母親を亡くし、大好きなピアノをひけなくなったBillie Joは、砂ばかり吹き荒れるオクラホマでどのように生きていくのでしょうか。

Karren Hesse

作者Karren Hesseは1952年メリーランドで生まれた。1971年に結婚したあと、大学で詩のライティングのクラスをとり、ピザ屋の店員、ベビーシッターから図書館員までさまざまな職業を経験し、1982年に児童書の執筆をはじめる。あちこちの出版社に断られ続け、最初の作品が世に出るまで9年かかったという。本作品は、スコットオデール賞等、7つの賞を受賞した作品である。

感想

どんなに辛い境遇でも、日々の生活って続いていくものですよね。Billie Joeも同じです。ピアノがひけなくても、母親を恋しく思っても、父親が自分に無関心だと感じて寂しい思いをしても、毎日の暮らしは続くし、砂嵐は終わりません。でも、だからこそ、新しい人との出会いがBillie Joeに訪れます。そして辛い生活がちょっとずつ変わっていきます。

この本は長い散文詩のような形で書かれていて、Billie Joeの心の声をじかに聞いているような気持ちになります。さらに、読みながら「世界大恐慌」や「ニューディール政策」、"Dust Bowl"と呼ばれたアメリカ中南部一体のかんばつ被害について、学べるようになっています。後ろに詳しい説明までついています。アメリカ版夏休みの「課題図書」な感じは否めませんが、

しかし、最後に私、泣いてしまいました。(よく本読んで泣くので涙の価値は??)

生まれてきた時代のせい、生まれてきた国のせい、生まれてきた街のせい、家族のせい、学校のせい、友達のせい、自分の人生を周りのせいにしてしまうこと、私にはよくあります。けれどBillie Joeは、最後に自分の人生を自分でしょって立つ覚悟をします。辛い状況のなかで、前を向いて自分なりに精一杯生きていこうとする姿勢は、たとえ現代であれ、たとえ日本人であれ、変わらない感動を与えてくれると思います。超お勧め!!