「深読み」への道(その四のおまけ)

前回の「深読み」への道(その四)で、「Hamlet」を紹介させていただいたところ、コメントにてJohnnycakeさんがとっても興味のひかれる作品を教えてくださいました!

その名も

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」 

DVDはこちら

作者はTom Stoppardという人です。

ローゼンクランツとギルデンスターンは、「Hamlet」に出てくる脇役です。ハムレットと子供のころ友達だった二人は、デンマーク王クローディアスによって呼び寄せられ、ハムレットの奇行の原因を探るように言われます。ハムレットは王の回し者だと思って心を許さないので、結局、ハムレットの奇行の原因は分からずのまま。果ては王の命令でハムレットをイギリスに連れていくことになります。しかし、ハムレットは途中で脱出しデンマークへ。結局この二人は後半まったく劇中に姿を見せないまま。終わりのほうで、イギリスからの使節の報告のなか、二人の最期が分かるだけ。

ホレイショー  するとギルデンスターンもローゼンクランツも。

ハムレット  それは、しかたあるまい、好きこのんで、雇われ仕事に手をだしたのだからな。こちらも良心の呵責は感じない。身から出た錆、追従者にふさわしい最期さ。ああいう小人ばらの出る幕ではない。大物がたがいに鎬を削って斬りあっている間に、首をだすなど無法きわまる話だ。

ハムレット (新潮文庫) p177より引用)

そこまで言う?

何ともかわいそうな脇役二人が主人公となっているのがこの作品です。

先日の本の感想でも書きましたが、各々の人間の目にうつる「真実」は、それぞれ違うもの。その面白さを痛感できた作品でした。悲劇は喜劇。喜劇は悲劇。

私はアメリカ版(Region 1 というやつですね)のDVDを入手したのですが、買いなれていないせいなのか、字幕の出ないものを買ってしまいました。すごく面白かったので、原作の本も買っちゃおうかなあと思っています。

Johnnycakeさんのおかげでシェイクスピアの世界がさらに広がりました! ありがとうございました!

そして、波にのってきたのでこちらも。

A Midsummer Night's Dream (New Folger Library Shakespeare)  夏の夜の夢・あらし (新潮文庫) 「夏の夜の夢」

そういえば、「ガラスの仮面」で北島マヤちゃんが、妖精パックを演じていたわ~なんて思い出しながら読みました。夢の世界で、美しく、楽しく、ちょっと皮肉もきいていて、ハッピィエンディング。でも、実は日本の文庫本に一緒におさめられている「あらし」のほうが私は面白かったです! こちらも夢の世界で、でも現実も抱えたまま、美しいが醜く、楽しいけれど悲しいような、でもハッピィエンディング。

ともかく感じる読書と言ったらいいのか、あんまり頭でいろいろ分析せずに楽しめる感じが「ハムレット」にも「夏の夜の夢」にもそして日本語のみですが「あらし」にもあるような気がしました。言葉のリズムや語感だけ楽しめてもOK、意味分からなくてもいいんじゃないか、という雰囲気というか…。

シェイクスピアは、いろーんな楽しみ方ができるから、長い間愛されているのかもしれませんね。ヽ(^◇^*)/ 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

「深読み」への道(その四)

今回はシェイクスピアに挑戦。

本当は本をとっくの前にとりよせてあったのですが、そのまま積んでありました。

解説、批評、考察、研究、パロディ、オマージュ、引用、エッセイから感想文まで、シェイクスピアに関連するものすごい量の文章が出回っています。正直すこし腰がひけました。

「聖書」では、そちらのほうに目が向いてしまって大失敗した私。

今回は四の五のいわずに、とにかく作品をガシガシ、メリメリ、読み進めていくことにしました。

よく分からず注文した「ハムレット」。何でハムレットなのかと訊かれても「何となくタイトルがいいなあ、と思って…。」という阿呆な答えしか思いつかない状態。

Hamlet (New Folger Library Shakespeare) Book Hamlet (New Folger Library Shakespeare)

著者:William Shakespeare
販売元:Washington Square Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

けれど、シェイクスピアの作品の分析も評価も置いておいて、まずは劇場に足を運んだ当時の人々のように、まあ分かるも分からないも気にせずに、頭からばりばり食べていこうと思いました。

さてさて、物語はどんな風にはじまるのかなあ。

お、見張り番の交代からか…。(こういうときは何か事件が起こるのよね)

"Enter Ghost."

うわ、展開はや! もう事件が。

"Ghost exits."

あれ、いなくなっちゃった。うーん、それにしてもだんだん登場人物の会話が長くなってきた。何言ってんだか分からないところもあるよー。ト書きは分かるんだけどねぇ。

―― 話は変わりますが、ここジョージアも秋、すばらしい季節となりました。いつもの窓際ソファでの読書がいちだんと心地の良いこの頃です。木々が太陽の光を和らげてくれてふんわり暖かく、窓を開けると風がさらさらと入ってくる。その拍子に鳥の声なんか聞こえたりして…。母の送ってくれた緑茶を友に、本のページをめくりつつ。お気に入りのピアノ曲を小さな音でかけながら…。

―― ―― ……… Oo。。( ̄¬ ̄*) ZZZZZZZZ

あ。

寝ちゃった…。

というわけで、ばりばりのばの字も味わう暇なく挫折してしまいました。また「聖書」の二の舞は踏みたくないので、今回はさくっと日本語の本を取り寄せちゃいました。

こちら→

ハムレット (新潮文庫) ハムレット (新潮文庫)

著者:福田 恒存,シェイクスピア
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして平行して読んでいきました。結果、あっという間に終わってしまいました。実は夢中になって読んでました。日本語の助けが大きかったと思いますが、物語を読む喜びをたっぷりと味わえた気がします。解説やら評論やらを前もって読んでおかなくてよかったなあと心から思いました。自分を責めたり、感情的になったりするハムレットが、妙に悟りを開いたようなことを言ったり、けっこうあっさりと家臣の一人を刺してしまったり、そのずれ具合が興味津々でした。それから日本語訳の読んでいて気持ちの良いこと、愉快な気分になっちゃいました。戯曲ですから、当たり前なのですが、やはり英語ででも日本語ででも、一度は舞台で「声」でこの作品を味わってみたいです。

さあ、ここまで波に乗れたらしめたもの。「リア王」も「マクベス」も「夏の夜の夢」だって挑戦だ!と思ったのですが、日本語の本はこちらで買うと高いので…(汗)。けちくさいようですが、手元にある「ハムレット」をもう少し深めてみようと思います!ヾ(´▽`*;)ゝ"

”それでも、この辛い人生の坂道を、不平たらたら、汗水たらしてのぼって行くのも、なんのことはない、ただ死後に一抹の不安が残ればこそ。”

”来るべきものは、いま来なくとも、いずれは来る―― いま来れば、あとには来ない―― あとに来なければ、いま来るだけのこと―― 肝腎なのは覚悟だ。いつ死んだらいいか、そんなことは考えてみたところで、誰にもわかりますまい。所詮、あなたまかせさ。”

もう少し「ハムレット」を深めるにあたって、力を借りようと思うのが、iTunes Store に新しく加わったサービス、iTunes U。こちらでは主にアメリカの大学の講義を聴くことができるようです。

Stanford大学の「The Literature of Crisis」というコース(くわしくはこちら)に「ハムレット」の講義があることを発見。聴いてみることにします。講義要綱(syllabus)も取れるし、すっかり自分も学生になった気分♪(かなり無理がありますが)

ちなみに「このコースを始めるにあたって」みたいな講義の回(Course Ideas Overview)と読んだことないくせに「Oedipus the King」の第一回を聴きましたが、なんだか年甲斐もなく学問を志す若人のような気分になってジーンとしてしまいました。何回も聴き返せるし、他のコースでも興味があるものはトライしてみようかなーなんて思っています。

今回はゆる~い文章で「深読み」への道(その四)をお届けいたしました。しばらくは肩の力をぬいて(あ、でも寝ちゃわない程度に)「ハムレット」の講義に耳を傾けてみようと思いますヽ(*゜∀゜*)ノ

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (予想をうらぎって夢中になれたシェイクスピア。よかったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

「深読み」への道(その三)

今回の「深読み」への道は、その三!と記しているくせに、今は実行できていないことです。けれど傾いたやじろべえを元に戻すべく、自戒をこめてこの記事を書こうと思いたちました。

逆説的だと思われるかもしれませんが、「もっと深く、ちゃんと英語の本を読める」ようになるには、たくさん読むことも必要だと私は考えています。

同じことをもう一度書いちゃいますが、洋書をたくさん読むことも、洋書を深く読めるようになるためには必要だと、私は考えております。

多読」という言葉があります。私はそういう英語の学習法があることを<雫さんのブログ>や<リウマチばあちゃんさんのブログ>で知りました。そういうわけで「多読」を知ったのは恥ずかしながら最近なのですが、自分の英語力より少し易しい本、特に子供向けの洋書をたくさん読んでいた時期があって、もしかしたらそれも「多読」のうちに入るのではないかなあ、と思いました。

「shame on you!」。辞書には「恥を知れ!」と出ています。何だか強い言葉だし、人から言われたらちょっと忘れられないなあと思いますが、ある洋書(題名が思い出せないのですが…)を読んでいたら、お母さんが悪さをした子供に「shame on you!」と言っている場面がありました。親が子供に「恥を知れ!」なんて言わないですよね。何例か目にするうちに、こんな風にあまり深刻でない場面で「まあ、あきれた!」みたいな感じで使われることもあるんだなあ、と分かってきました。お母さんが、腰に手をあてて、もう一方で人差し指をふりながら、お説教している姿が目に浮かんでくるようです。

本をたくさん読むと、言葉の使われ方、ニュアンスが身についてきます。辞書を丹念に調べれば、もちろん単語の意味は分かると思いますが、もっと感覚的なもの ――なんといえばいいのか、どういう場面でどんな雰囲気でその言葉が使われるのか、というようなこと―― が分かってきて、それは「深読み」につながっていくと私は思います。

さて、今回この記事を書くにあたって、「多読で学ぶSSS英語学習法」のサイトを訪問しました。そこで思わずにっこりしてしまう用語に出会いました。「シマウマ読み」(これは日本語の本と英語の本を交互に読んでいく方法だそうです)。私も日本にいたとき、特にファンタジーなどでよくやっていました!そして「パンダ読み」(難しい本が読めるようになっても、平行して易しい本を読む方法だそうです)。私は今、少し背伸びをしたレベルの本ばかり読んでいるような気がします。「パンダ読み」ができればいいなあ(*゚▽゚*)

話はかなりずれますが、こちらのサイトを拝見してとっても暖かい気持ちになりました。(たった一回だけの訪問でこんな風に言うのは僭越ですが…) 自分が楽しい!良いな!と思った情報を出し惜しみせずにどんどんシェアしていこう、という姿勢がつらぬかれています。「こうでなければならない」というような杓子定規な考えに固執することがありません。上に紹介させていただいた用語でも分かるように、ひとくちに「多読」といっても色々な読み方で洋書を楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。そういえば<雫さん>も<リウマチばあちゃんさん>も、洋書の読み方はこうあるべきだ、というようなことを主張されたことはないように思います。「多読」にこだわらず、自分にとって良い読書の方法や情報は、どんどん提供されているけれど、それと同時に他の人がそれぞれ持つ考えも尊重しているように感じます。その懐の深さに、私もついついまめに訪れてしまっています。(*^^*)

―― 私も、心から洋書を楽しみたい、そのために「深読み」っていう目標を掲げたんだっけ。「聖書」について知ることも、「文法」を学ぶことも、そして自分の力より少し易しい英語の本をたくさん読むことも、洋書を楽しむためにやろうとしてるんだった…

自分が情熱を感じるもともとの根っこを思い出させてくれました。ヽ(*゜∀゜*)ノ 

これはやってよくてこれはダメ、というように決められた答えは一つなのではなく、「自分の心」がやりたいと思うことを、自分で決めて、やればいいんですよね! というわけで、始めに気になっていた「まだ実行できていない」という件、あんまり気にしなくなっちゃいました(´-ω-`)(いいのか…) 全部いっぺんには無理なので、まあ、その時期になったら、やりたくなるでしょう!(´-ω-`)(それでいいのか…)

なんだか行動が伴わない意見だけの記事になってしまいました。でも自分の初心を確認できたので、良しとしたいと思います!(本当にそれでいいのか…)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださいね(*^^*))

「深読み」への道(その二)

わたくしの現在のいちばんの目標は「もっと深く、ちゃんと英語の本を読みたい」でございます。(。・o・。)ノ

…というわけで、名づけて「深読み」プロジェクトなるものが、亀よりも遅いスピードで進行しております。

今回は、長く険しい「深読み」への道(その二)をお届けしたいと思います。

恥ずかしながら、今回は洋書をお読みなられる方、このブログをご覧になっていただいている皆々さまにとっては「何をいまさら」(* ̄ー ̄*)フフッ とお思いになるレベルの話だと思います。しかし、私にとっては「いまだに…」(´_`。)グスン というのが今回のお題目。

この言葉の持つ、文鎮みたいな重たさといったら…

この言葉の持つ、深緑色の黒板を思い出す堅苦しさといったら…

そうです、そうなんです、これ以上気づかないふりはできない、

「文法」!!!     です。

私はじっくり本を読んでいるつもりでいますが、時として自分が想像した本の世界が勝手に作り上げられ、膨れ上がり、その世界にあまりにも浸りきってしまうことがあります。それこそが「読書」の楽しみではあると思うのですが、以前、何冊か洋書と訳書を読み合わせていったとき、自分の完全な思い違いで文章を捉えていたことがありました。「誤読」です。

自分の想像力にまかせて本の世界を楽しむには、英文の正確な読解力が条件にあることは言うまでもありません。一度しっかりと総ざらいしなくちゃいけないなあ、と思いながら、避けて避けて、遠回りしてでも避けてきたのが「文法」です。

……… だって、好きじゃないんだもん。(´-ω-`)(ゴメンナサイ)

ジョージアに移ってくるまえに、今度こそふんばって勉強しよう、と日本の本屋さんで平積みしてあったテキストを何冊か買って持ってきましたが、そのうち「文法」と聞いただけで尻込みしていた私でも出来そうな本があったので、紹介させていただきたいと思います。

英語ベーシック教本―ゼロからわかる 英語ベーシック教本―ゼロからわかる

著者:薬袋 善郎
販売元:研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

英語リーディング教本―基本からわかる 英語リーディング教本―基本からわかる

著者:薬袋 善郎
販売元:研究社出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「Frame Of Reference」(英語構文の判断枠組み)なる手法を提唱されている薬袋先生の本です。英文を分解して読んでいくやり方ですね。正直、最初はちょっとばかり理屈っぽくて、とっつきにくかったのですが、慣れたらパズルを解いてるみたいで面白い!(*^-^*)二冊目に入っていますが、自分の知識を確認し、整理するという意味で私には効果がありました。ただ、好みは分かれると思います。

そして、まだ読み始めたばかりですが「時間がかかるだろうけれど、これは勉強になりそう」ヽ(*゜∀゜*)ノ という予感がしているのがこちら。

発信型英語スーパーレベルライティング―日本人学習者の弱点を克服する技術とトレーニング  読み終わったら、またどんなだったかご報告したいと思います。

話は飛びますが、アメリカで暮らして、言葉が違うことで、人と分かりあうことの難しさを感じることがあります。けれど、その難しさがコミュニケーションの醍醐味なのだと私は思っています。相手を分かりたいと懸命に働きかけること(自分を分かってもらおうと表現の限りをつくすこと)が、「思いやり」につながり、「想像力」を培い、人の器を広げていくものだと考えているからです。そして、それは人間が、本を、音楽を、映画を、絵画を、さまざまなものを生み出してきた原動力の一つなのだと思います。

英語の本を読むとき、自分の心のフィルターに通す前にしなければいけないことが、たくさんあるように思います。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださいね(*^^*))

「深読み」への道(その一)

わたくしの現在のいちばんの目標は「もっと深く、ちゃんと英語の本を読めるようになりたい」でございます。(。・o・。)ノ(詳しくはこちらの記事へ

私のなかで、名づけて「深読み」(単に縮めただけですが)プロジェクトなるものが、単独で、ひそかに、ゆっくりと、進行しております。しかも予想通り、道は長く険しいものとなりそうで、スタートして間もないうえに、歩みののろい私にとって、まだまだ効果のほどは??(´-ω-`)う~ん …

けれど今回はその一つを、めげずに中間報告しようと思います。

「深読み」への道 その一 

「聖書」。

彼らにとって神さまとはどんな存在なのでしょう?

日本にはやおよろず(八百万)の神さまがいると言われています。(もちろん私たちには、人それぞれ、自分の信じているそれぞれの神さまがいることと思います)

私の場合は、神さまとはあちこちにいらっしゃる存在です。森にも川にも空にも、神さまはいるのだと考えています。

私のアパートの窓から、大きな松の木が見えます。スコールのあがった後、その松の木が太陽の光に照らされて、美しい黄金の粒をふりまいているように見えるとき、私はそこに神さまがいるのを感じます。ジョージアの冬の澄んだ夜空に、奇跡みたいにまんまるいお月さまが浮かんでいるのを見たとき、私はそこにも神さまがいるのを感じます。

ぬくもりに包まれるような雰囲気の神社にも、整った空気の漂う寺院にも、そして青い空をくっきりと区切る白い塔を持つ美しい教会にも、私は神さまはいるのだと感じます。

けれど、それじゃあ、その神様は別々なのか、全体なのか、自然の中にいるのか、自分の心の中にいるのか、つきつめて訊かれると、分かりません。それは、そこまで深く考えたことがないからかもしれないし、考えても分からないことなのかもしれません。

私が生まれて育った日本は、地震の多い国ですが、地震がどんなに科学的に解明されても「土地の神さまが怒っている」とか「地球が何かを伝えようとしている」という気持ちがぬぐえないのは、私だけではないと思います。

その神さまへの考え方から、私を含めた日本人の価値観や、日本の文化や、日本という国を理解することにつながるのではないか、と思うのと同時に、

「聖書」を理解することが、彼らを、そして彼らが生み出す文学を理解することにつながるのではないか、と考えました。

とは言え、そんな大それた地点にまでたどり着くには、たぶん途方もなくものすごく、時間がかかると思います。

でも、「聖書」は英語圏の人々がよく読む本だということになります。彼ら共通の知識を得ることは、英語の本を読む大きな手助けとなりそうです。「聖書」は小説などによく引用されるし、そのモチーフはよく使われると言われています。それに少しでも気づけるようになったら、嬉しいですよね。(*゚▽゚*)

そもそも「聖書」って何が書いてあるの?(怖いくらい初歩ですね...Σ( ̄ロ ̄lll) )

というわけで、まずはこちらから...

What's in the Bible: A One-Volume Guidebook to God's Word What's in the Bible: A One-Volume Guidebook to God's Word

著者:R. C. Sproul,Robert Wolgemuth
販売元:W Pub Group
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もちろん、これ一冊では全然分かったことにはならないと思います。この分野の本は、これからもちょこちょこ読んでいきたいと思っています。特に一冊ごとに感想をUPすることはしないと思いますが、面白いものがあったらまた紹介させていただきます。(*^-^*)

そして、日ごろ考えたこともなかったのですが、何だか日本人にとっての神さまについてもとっても知りたくなってきました。いつの日か、こうして吸収した知識が知識で終わらず、人生の糧となる知恵へと変わるように、本を手にゆっくりと歩いていきたいと思います。それにしても、興味はどんどん広がります。幸せなことですねヽ(^◇^*)/ 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ