洋書と英語

洋書を読んで、私の英語力に変化はあったか (。・o・。)ノ

さて、前回の続き。 CNNがお経のようにしか聞こえず、NYでは人から話しかけられても作り笑いで逃げていた私。けれど、洋書を読む楽しみは消えることなく、日本に帰ってからも休み休みではありますが読み続けていました。

そして、またまた英語の国へ行くことに...

2006年9月、アメリカ南部ジョージア州へ。

さて今回は?

アナタノイッテルコト ナントナークワカリマースヽ(^◇^*)/ 

テレビで話している人の英語が、理解できない音の羅列じゃなくて、単語ごとに浮いて聞こえてきます。ドラマを見ていても、以前は「何でここで笑い声が入るの?」と思っていたのに、今は笑うわけが分かるように。

もちろん100%ではありません。この前「Law & Order」を見ていたら、何言ってるのかちんぷんかんぷんでした(´-ω-`)(だって、みんなボソボソしゃべるんだもん

スーパーやコーヒーショップの店員さんの言っていることも分かるようになりました。訊かれるパターンも、慣れてきて分かってきたし(*゚▽゚*)

さらに、旦那さんがパーティなどで、友達を紹介してくれるときがあるのですが――。

うん、分かるよ、分かる!相手が何を話しているのか理解できます。 しかも思った以上に自分も会話を返せる!楽しいo(*^▽^*)o♪

私は、NYから帰国した後の4年間、英会話教室などにはいっさい通っていません。やっていたことといえば、洋書を読むことだけ(後は翻訳学校に約一年半通っていました)

そうです。私の場合、洋書を読むことで英語の力が上がったんです。分析するに、本を読むことで単語や言い回しを吸収できて、それで聞こえるようになったり、話せるようになったりしたんだと思いますが、本当のところはどうなのか分かりません。

けれど、あくまでも何となーーーく分かるというレベルです。いきなり予測のつかないことを話しかけられると、相変わらず「はてな?」Σ( ̄ロ ̄lll) 状態です。

話すほうも同じ。何となーーーく、ごまかしごまかし話せますが、準備もせずに自分の意見をきちんと述べるような長いセンテンスを話すことは、相変わらず「どうしましょう?」Σ( ̄ロ ̄lll) 状態です。

考えてみると、もっと合理的に短期間で英語力を伸ばす方法は他にあるのではないかと思います。けれど好きなことを、こつこつマイペースに続けていくことで、英語の力が伸びたので、これはこれで私にとっては良い学習方法だったと思っています(*^^*)

もっともっと英語を話せるようになりたい! 聴けるようになりたい! 夢はどんどん膨らんでいきます。NYのときのように英語学校に通っちゃおうかなあ。発音矯正のクラスもとりたいなあ。(*゚▽゚*)ワクワク

けれどここで、現在のいちばんの目標を、自分が見失わないためにも書いておこうと思います。

もっと深く、ちゃんと英語の本を読めるようになりたい

読めるようになりたいんです!!(TT0TT) ダーーッ

どうせだったら、いちばん情熱を感じていることに、自分の人生の時間をあてたいです。そのほうがHappyだし。ヽ(*゜∀゜*)ノ

英語の本を理解するには、アメリカを含め、他の国の人たちと交流することは大切です。価値観や文化、風習、彼らのノリ(?)が吸収できますものね。だから英語を話す力も、聴く力も伸ばすことは、もちろん重要です!

もっと言えば、人生経験全て、本を理解するのに無駄なことは一つもないと思います。

だけど「深く、ちゃんと英語の本を読める」ようになるには他にどんなことが必要なんでしょうか?

・洋書を一冊でも多く読む

もちろん!ヾ(*・∀・)/...でもそれだけ?

これについては試行錯誤の毎日ですが、私なりにどうしていったのかを、おいおい書いていきたいと思います。φ(・ω・ )

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ