The Egyptologist

ページをめくると、エジプトの地図。地図が載っている本って、それだけで胸がおどりますね!ヽ(*゜∀゜*)ノ さて、どんな冒険が待ちかまえているのやら…。

The Egyptologist Book The Egyptologist

著者:Arthur Phillips
販売元:Random House Inc (P)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 383ページ

1922年の10月、イギリス人Ralph M. Trilipushは、エジプトの地に降り立った。多くのエジプト学者がその存在を疑う、エジプト中王国時代(およそ2100-1600B.C.)の最後の王、Atum-Haduの墓を探し出すためだった。財産家である婚約者Margaretの父親をパトロンに、彼はAtum-Haduが存在していることを信じ込んで、発掘に乗り出す。

その32年後、元探偵であったオーストラリア人Harold Ferrellは、1922年当時を振り返って、ある手紙を書いていた。彼は当時、大金持ちの男の相続人を探し出す捜査をうけおっていた。大金を手にする相続人だと思われるPaul Caldwellを探しはじめたが、Paulは第一次世界大戦中に、エジプトで軍隊の司令官であったHugo Marloweとともに消息を絶ったことが分かった。HugoはAtum-Haduについて述べられた書物をエジプトで発見したという。その書物が、親友と思われるRalph M. Trilipushの手に渡ったことを知ったFerrellはRalphの捜査を開始した。そしてRalphの嘘と謎に包まれた人生を知るうちに、FerrellはPaulとHugoの失踪がRalphと関係しているのではないかと疑いはじめる。

果たして、RalphはAtum-Haduの墓を見つけ出すことができるのか。果たして、Ferrellが考えている通り、Ralphは詐欺師でPaulとHugoの失踪と何か関係があるのか。

―― 日記、手紙、電報などで紡ぎだされる、エジプトにとりつかれた男と、Paul探しに執心する男の、謎と冒険の物語。

作家について

Arthur Phillipsは、ミネソタ州ミネアポリスで生まれる。子供のころは俳優であった。その後ジャズミュージシャン、スピーチライターとなり、事業家として大失敗したこともある。いわゆる老舗のクイズ番組「Jeopardy!」では5回チャンピオンになったことがあるという。本書は彼の二作目。一作目の「Prague」は7ヶ国語に翻訳され出版されている。現在妻と二人の子供とNY在住。(作者のHPはこちら

感想

1922年にエジプトで発掘に挑むRalphの日誌と、その当時に探偵をしていたFerellの32年後の手紙が同時進行で交互に語られてゆきます。全編、日誌、手紙、電報等で構成されています。

最初のRalphの印象は、”夢見る夢男くん(かんちがい含む)”という感じ。発掘をする前から、発掘後に出版する予定の本の自己紹介文をすでに考えているようなのですが、そこには来年(まだ発掘も始まっていないのに)、功績をたたえられて国から爵位を与えられることまで書かれています。さらに元探偵のFerrellの手紙で、Ralphの嘘が何となくばれてくると、もうRalphの行動全てが嘘くさくて、嘘くさくて…(´-ω-`)。RalphのAtum-Haduに関する記述も、もっともらしいことが書かれてあればあるほど、もう嘘のにおいがぷんぷんしてきて、読み飛ばし気味になってしまいました。

しかし、この「嘘くささ」は話が進行していくうちに、ゆっくりと変化していきます。一つ一つの証拠を組み立てながら捜査を進めているように見えるFerrell。けれど、手紙を読んでいくうちにFerrellの思い込みが彼にとりついていくのが分かります。逆にAtum-Haduは存在したのだと信じきっているRalph、彼の目を通して映し出される真実の世界に自分がのみこまれていくのに気がつきます。そして徐々に、どちらの言っていることが本当なのか、何が真実なのか、分からなくなっていきました。

どうしてこんなにそれぞれの人の目にうつる「真実」は違うのだろうということが気になってきます。そしてこの二人の男は、確かに追い求めているものは違っているけれど、何でこんなに自分の思い込んでいる「真実」にこだわるのだろう、と気になってきます。「一歩ひいて物事を見てごらん」と言いたいところなのですが、けれどそれが言えない自分であることに気がつきます。そんなことは百も承知なんだけれど、できないのが人間なのかもしれません。

そして、人が何かに固執するときにはそこに「理由」があるものです。その執念が強ければ強いほど、その心の奥にはひっそりと深い闇が広がっているものです。

この作品では最後にもう一つ大きなひねりが用意されています。もっと底を流れている本当の大きな謎への、作者の声が伝わってくるようです。

最後になってあの嘘くさーいと感じて読み飛ばし気味だった、RalphのAtum-Haduについての記述を、もう少しまじめに読めばよかったなあと思いました。そこには、決して日誌では分かることのできない、黒々とした「理由」が潜んでいるに違いないからです。

夏が終わってブログを再開してからは、当たりの本ばかりです!(*^-^*)さてさて次は何読もうかなあ…。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

The League of Frightened Men

久しぶりに、私好みのミステリーを満喫しましたヽ(^◇^*)/ 

The League of Frightened Men Book The League of Frightened Men

著者:Rex Stout
販売元:Bantam Dell Pub Group (P)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 302ページ

作品区分: ミステリー

ネロ・ウルフ氏のもとに、Mr.Hibbardから、命を守って欲しいという依頼の手紙が送られてきた。大学時代に彼とその仲間たちが悪ふざけをして、後輩に一生残る怪我をさせてしまったのだが、その後輩の男が自分たちの命を狙っている、というのだ。大学を卒業してからも、彼らは怪我を負わせてしまった罪を贖いたい気持ちから、今でも「同盟」を結んだように頻繁に集まり、その後輩に援助をしてきたのだが、今になって「同盟」のメンバーたちに殺人の予告状が送られはじめた。そして、メンバーの一人が崖から落ちて死亡したという。警察は事故死というが、Hibbardたちはその後輩が殺したに違いないと、震えあがっているというのだ。

そして、一生残る大怪我を負わされた男というのが、新聞で話題になっている、自分が犯した殺人の内容をつづった本を出版したというPaul Chapinであることが分かり、にわかに興味を持ったネロ・ウルフは早速Mr.Hibbardに連絡をとるよう、助手で私立探偵のアーチー・グッドウィンに指示をする。

しかし、連絡がとれたのはMr.Hibbardと同居している姪。彼女によると、Hibbardは4日前から行方不明だという。そして第二、第三の殺人が…!? ―― 犯人は一体誰なのか? 殺人の予告状は誰が書いたものなのか? 戦々恐々としている同盟のメンバーたちの命は果たしてどうなるのか? ―― 

外出嫌いで美食家、130キロあまりの巨漢、ネロ・ウルフと、活発で社交的な助手役、アーチ・グッドウィンの名コンビが事件解決にのりだします!

作家について

Rex Stout(1886-1975)は、アメリカ、インディアナ州に生まれる。学校における金融システムを考案し、400もの地域で導入され成功を修めた。社会問題に非常に関心が高く、第二次世界大戦中には反ナチズムを訴えるなど、精力的に活動した。1934年、最初のネロ・ウルフ作品を執筆。その後も次々に作品を発表、ネロ・ウルフ・シリーズは全部で73作にのぼる。本作品はシリーズ第二作目(1935)。

感想

知的でユーモアのあふれる会話、しっかりした謎解きと、キャラクターが魅力的な主人公たち、この三点が揃っているミステリーというのは、私的には、いちころ、どはまり、ストライク、でございます。

ネロ・ウルフ氏は、外出嫌いで、蘭の手入れが趣味、美食家で、体重は130キロにのぼります。そんな彼の右腕、ワトソン役の私立探偵、アーチー・グッドウィンは、ネロ・ウルフに反して、活動的で社交的で、本作品から推測するになかなか女性にもてるようです。

シリーズはファンも多く、Wikipediaにたっぷりと彼らの人となりが説明されていますので、興味のある方は覘いてみてくださいね。(こちら

語り手、アーチー・グッドウィンの一人称で物語は進んでゆきます。ネロ・ウルフ氏は外出嫌いですから、必然的にアーチーが外に出て捜査をし、それを「安楽椅子探偵」であるネロ・ウルフが解決するというパターンになります。そしてタイプの正反対な二人の会話には、思わずくすっと笑ってしまいます。特に始めのほうで、Mr.Hibbardからの依頼の手紙を彼になりきって読みあげるアーチーと、それにつっこみを入れていくネロ・ウルフのやりとりは、掛け合い漫才のようでした!(‐^▽^‐)

けれど、吹き出している私に、ネロ・ウルフ氏の鋭いお言葉が…

"To assert dignity is to lose it."

"If you eat the apple before it's ripe, your only reward is a bellyache."

"In any art --and I am an artist or nothing-- one of the deepest secrets of excellence is a discerning elimination."

この世の中の真理をついた言葉たち(アフォリズムというのだそうで…)が、また本シリーズの魅力なのです。そして私のツボなのです。

残念なことがひとつ、ネロ・ウルフ氏が美食家であるということで、本作品に美味しいものがたくさん出てくることを期待していたのですが、

……ネロ・ウルフ氏はビールばっか飲んでましたね。(´-ω-`)(アーチーは牛乳ね)

正直言いますと、今回はネロ・ウルフ氏の、持って回った知的な表現に、いささか苦労しました。(私の語彙力がないってことなんですけどね…)しかし、だからといって氏の魅力が劣ることは、みじんもございません!

最後に、本作品の始めのほうで、退屈すぎてうんざりしているアーチーにネロ・ウルフ氏が投げかけた言葉を引用したいと思います。ちょっと長くなりますが、おつきあいくださいね。

"Archie. One would know everything in the world there is to know, if one waited long enough. The one fault in the passivity of Buddha as a technique for the acquisition of knowledge and wisdom is the miserably brief span of human life. He sat through the first stanza of the first canto of the preamble, and then left for an appointment with ……let us say, with a certain chemist."

―― 恐れ入りました。

「謎解き」については、読んでからのお楽しみということで。

皆さん、どうか一度、ネロ・ウルフ氏に会ってみてくださいな。(*゚▽゚*)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださいね(*^^*))

To the Power of Three

予想以上のジョージア州の寒さに風邪をひいてしまいました。が、この本を閉じられず、ついつい夜更かしに…。長い夜に、こんなミステリーはいかがでしょうか?

To the Power of Three Book To the Power of Three

著者:Laura Lippman
販売元:Avon Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 416ページ

作品区分: ミステリー

Josie、Perri、Katの三人は、誰もが認める、小学校からの十年来の大親友。そんな三人が通うボルティモアにある高校で銃声が鳴り響いた。殺されたのはKat。Josieは右足を撃たれ、銃を撃った犯人と目されるPerriは、自分を撃って意識不明の昏睡状態だった。駆けつけたLenhardt巡査部長は首をかしげた。女子トイレは内側から鍵がかかっており、二つの個室にも鍵がかかっている。他に誰かいたのだろうか?

Katは学校中の人気者で、成績も良く、美人で、誰にもわけへだてなく優しく、さらにこの町をつくったとされる宅地開発会社の社長の一人娘。Perriは、いつも面白いアイデアで人を笑わせる、ドラマ・クイーン。Josieは、運動神経が抜群で、スポーツ選手として奨学金での大学入学が決まっていた。

Lenhardtは目を覚ましたJosieに、何が起こったのか聞き取りを開始するが、彼女は「黙ってPerriが入ってきて、私たちを撃ち、そのあと自分を撃った」と答えるだけ。LenhardtはJosieが何か隠しているのではないかと考える。去年から三人の仲がぎくしゃくしはじめた噂を聞き、周囲の人間から情報を収集しようにも、要領を得ない言葉ばかり返ってくる。

――あの日、女子トイレの中で何が起きていたのか? Perriはなぜ撃ったのか? 三人の他に第四の人間がいたのか? 最後までページをめくる手が止まりません…

作家について

作家のLaura Lippmanは、十二年間「ボルチモア・サン」紙の報道記者をつとめ、その後作家に転身する。「Tess Monghan」シリーズ(私立探偵テス・シリーズ)では、アガサ賞、エドガー賞、アンソニー賞など、各賞を総なめにした。本作品はスタンド・アローンもの(単独作品)。

公式サイト→ http://www.lauralippman.com/

感想

この作品では最初に事件が起こり、その後ほとんどは三人の女の子の描写に費やされています。そして子供たちを育て形づくっていく、周囲の大人たちの描写にもページが費やされています。作者は、彼らをどういう人間か決め付けるような言葉は使いません。ただ、彼らがどんな会話をし、どんな場所へ行き、何を考え、何をしているのか。それを具体的に淡々と書き連ねていきます。多くはこの事件と直接関係ないようなことばかりです。けれど人の死に、家族や友人や関わった人の行為が全く無関係であることなどないのかもしれない、と本を読んでいるうちに思い込まされていきます。現代のさまざまな問題もうまく取り入れられていて、読み進めていくうちに、三人の女の子をはじめとする、登場人物たちの姿がどんどんクリアになっていき、ひきこまれていきます。

またその事実の明かし方がうまい!(って私に言われたくないと思いますが)徐々に、薄皮をはがすように核心にせまってゆきます。さすが賞をたくさん取っている作家だけありますね!(って私に言われたくないと思いますが)2005年に出版されていますが、いまどきのテレビ番組や映画、お店の名前などがたくさん出てきます。アメリカの情報がこれだけ流れてくる現代、そういう単語もアメリカ豆知識的な要素として楽しめるのではないかと思います。

私は、人間の中には得体の知れない、どろどろとうごめく「何か」が住んでいると思っています。それに気づいていない人もいるし、気づかないふりをしている人もいるし、それに取り込まれている人もいるし、それを消し去ったり、それと調和できている人もいると思います。けれどその「何か」は時として、人を死に至らしめたり、壊してしまうことがあります。良いとか悪いとかの判断はできないほどの、その「何か」が知りたくて、私は本を読んでいるのかもしれません。(他の理由もありますが)作者のローラ・リップマンは、「ミステリー」あるいは「サスペンス」の分野の本作品で、それを書こうとしたのだと、わたしは思います。

ところで今朝、ここジョージア州は華氏35度だったですよー。摂氏約1.6度のことです(´-ω-`)。暖房がんがんかけております。なぜに南部というだけで暖かいと思ったのか、単純な自分が情けなく思う今日この頃。

でもおかげで風邪は治りました(^∀^)ゞ

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

Grime and Punishment

肩の力をぬきたいな~~Oo。。( ̄¬ ̄*)ぽあぁん (これ以上?)

そういうときは、こういうのもいいですよね?

Grime and Punishment (Jane Jeffry Mysteries (Paperback)) Book Grime and Punishment (Jane Jeffry Mysteries (Paperback))

著者:Jill Churchill
販売元:Avon Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数:246ページ

主人公は、ジェーン・ジェフリイ、三人の子持ち、シングルマザー。子育て、家事、近所づきあい、決しておしゃれでもスマートでもない毎日。そんなある日、「Happy Helper」から派遣されてきたクリーニング・レディ(掃除婦さんのことですね)がお隣で殺された!もしかして、近所に犯人が?主婦友達のシェリイとともに、ジェーンは事件の解明に乗り出す。そこに気になる存在、刑事のメル・ヴァンダインが現れて・・・

感想

わたくし、コージーミステリーは大 好 物 のひとつであります。

こういう作品は謎解きというより、登場人物の日常生活の様子、行くスポット、食べるものや会話のやりとりを楽しむに限ります!(もちろん、だからといって謎解きの部分がいいかげんなのではありません)

この作品の場合はというと、ジェーンと仲良しのシェリイの会話、子供たち(長男のマイクがお気に入りです)の生活や話す内容、家事や近所付き合いの実情(掃除婦さん雇ったりするんですねぇ)などなど、英語で読むと新鮮で面白く感じるから不思議です。こういうミステリーお決まりの気になる異性(?)、ヴァンダインの存在も要チェック。

今回は作家についての説明を省略しましたが、Jill churchill は最近のコージーミステリー作家の中では代表的存在と言えるのではないかと思います。この作品もアガサ賞最優秀処女長編賞を受賞しています。「ジェーン・ジェフリイ」シリーズは、現在15冊目。

こういう作品は、波にのって、ぐんぐん読むのがいいですよね。個人の趣向によって評価が分かれる作品ではありますが、楽しかった~!!ごちそうさまでございましたヽ(^◇^*)/