書を捨てよ、風を入れよう

八月の終わり、夏の終わり、夏休みの終わり、私の苦手な季節です。

だって何となく寂しいんだもの…(´-ω-`)

けれどここジョージアはいまだ40度近く、

冷房のきいた建物へと冷房のきいた車で移動、

感傷的な気分になる日本が恋しい今日この頃、

ぐうたら主婦の私が何をしているかといえば、夫いわく「ソファで置物みたいに動かない」状態で本を読んでおります。

amazonで注文した洋書が届くまでの間、しばらくぶりに日本語の本を(!)手にとっているところです。

というわけで今回は「読書」の話。それも日本語の。

ずばっと正直に恥ずかしいことを堂々と告白しちゃいますが

世に言う「文学」作品を(日本のものであれ、翻訳されたものであれ)私は圧倒的に読んでいません。

「国語」の教科書に出てきた作品も作家もとうてい読む気にならなかったし、

「文学史」とかいうテキストで名前だけ暗記させられた作品も作家も手にとる気になりませんでした。

思いもよらなかったというのが正解かもしれません。

教科書で読む小説も随筆も、テストに出るから線を引けとか、この指示語は何を指しているかとかにいそがしくて、「何を感じるか」ということとは全く無縁の場所にありました。

私の読書とは、自分だけの自由で楽しくて幸せな時間であり、勉強と結びつくものが入り込むなんて想像もできませんでした。「勉強は学校や塾でたくさん、本くらいは自分の好きなものを読もう」と思っていました。(というほど勉強していませんでしたが)

その結果どんな人間ができあがったかというと

だれも知らない小さな国(★1)で

動物語を話し(★2

メアリー・ポピンズが帰ってくるのを待ちわびる(★3

空想癖のある孤児で赤毛の女の子(★4

となり、

その成長は偏りを増し、さらに学術書や新書にほとんど手が伸びないまま、

檸檬(★5)より ばなな(★6

草の花(★7)より 秋の花(★8

国境の長いトンネルを抜けると、どうなるかより(★9

かえるくんが東京を救うかどうか(★10

が気になる人間になりました。

それが、何か違うなあと思い始めたのは何年前でしょうか。

世界の中心で、愛をさけべないし(★11

いま、会いにゆくことはできず(★12)、

野ブタ。をプロデュースする気力もわかないのです。(★13

食わず嫌いは度をこして、

蹴りたいのは背中なのに机の角に足をぶつけ(★14

エトもシヲンも遠い星となり、(☆15,16

このままでいくと

バッテリーを組む相手もいないから(★17

一瞬の風にもなれないと(★18

絶望的な気持ちになっています。

気がついたら、

本棚の蔵書は増えないし、埃をかぶったままの本ばかりという状態に。

そろそろ、私の大切な心の書庫を整理する時期なのかもしれません。

書庫の窓を開けて風を入れ、いらない本を思い切って処分し、また新しい本を棚に増やしていく時期なのかもしれません。

まったく違う読書をしたい。

最近その思いが強くなってきました。

学校で暗記させられたというだけで敬遠してきた作家たち。自分が興味がないという理由で避けてきた作品たち。考えてみれば、いとも簡単な理由で読みもせずに放棄してきたわけで、それってもったいないし、ただの怠惰だし、恥ずかしいくらいに傲慢だったのだと今更ながら思います。

もちろん本は楽しいのが一番、でももしかしたら頭を捻ってうんうん言いながら読む本もあるかもしれません。

読書は時間を忘れるほど熱中できるのが一番、けれどときにねばり強さを必要とする読書になるかもしれません。少しずつでも日本語の本は読んでいきたいと思っています。

といっても、今はジョージアに住んでいますので、引き続き和書より洋書を読むことに力を入れていきますよ!amazonから本が届くのが楽しみです♪

毎日暑くても、私だって読書の秋!(そして食欲の秋!)

チョコレートをつまみながら、濃いコーヒーを飲みながら、また本の世界に浸りたいと思いますヽ(*゜∀゜*)ノ

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしていただけると嬉しいです(*^^*))

読みたい本リスト

私が読書と同じくらい楽しみにしていること、それは「読みたい本リスト」をつくることです!「あ、この本面白そう」とか「この作家、気になるな」というときは、「読みたい本リスト」に追加します。

といっても、ルーズリーフの紙に書き足していってるだけなんですけどね...。みんなどうしてるのかな。その辺のメモに走り書き?手帳に記入?パソコンで管理?私は、リストが書かれた紙をクリアケースに入れてるだけという何とも原始的な方法をとっています。新聞の切り抜きとかもそこにざくっと入れちゃってます。読みたいなあと思う本を見つけて、リストにどんどん書き加えていくのって、ほんっとにワクワクします。(まだ読んでいないんですけどねぇ)

最近ブログをはじめて、他の方々のブログを拝見させていただく機会も増えて...ブログって、こんなに広くて深い世界だったんだとビックリしています。だって、宝の山なんです!面白そうで、読みたくなる本がざくざく紹介されています。これをただ今ひたすらリストに付け加えています。気がつけばけっこうな量になってるなあ。

リストに加えただけで、読んだ気になってるんじゃ...という心の声を無視して、今日も「読みたい本リスト」を増やしてゆく私

そうそう、リストには作家名や本の題名のほかに、キーワードみたいなのもちょこちょこっと書いておきます。こうすると、その本のことを思い出しやすくて便利です。



例えば

Karen Hesse 「Out of the Dust」 詩の形態 (この小さい字がキーワードです)

Ralf Isau 「ネシャン・サーガ」  ドイツ人  (作家がドイツの方なので)

Susan Conant                         犬 (犬に関するミステリーのシリーズを書いているので)



中にはこんなのも

「オレンジだけが果物じゃない」   う~~ん   (う~~ん、何に悩んでいたのか)

「The Great Pretender」      ○× (......?どっち?) 




大ざっぱな性格がにじみ出てますね...

「読みたい本リスト」がつきることはないだろうなあ。とりあえずまずは、目の前の本を読むことにします。

腰を据えて読む

子供のころから、本を読むのは早いほうでした。(日本語の本です)「本当に全部読んだの?」とか「斜め読みしてるんじゃないの?」とか、学校の先生に言われたこともありました。目がページの上を先へ先へと走っていってしまうんです。

おそばを食べるときみたいに、噛みしめる暇なし、ノドごしで勝負!(?)みたいな。

本は楽しむためのものだし、読んでいるとき夢中になれれば、それはそれでいいんじゃないかなあ、なんて思っていました。最近は時間をつくろうと思えばできるのに、なぜかちょっと読んでは本を置き、洗い物を済ませ、またちょっと読んではお風呂を洗ったり。細切れ時間に、手早く本を読んでしまっていました。

本の読み方を変えようと思ったのは、日本で翻訳学校に通ってからです。
物語全体をざっくりつかむことも大事だけれど、一文、一文、一語、一語、じっと耳を済ませて、慎重に丁寧に読んでいかないと翻訳ってできないんですよね(というか、実際できていなかった私…)

そうしていると、気がつかず読み飛ばしていた、たくさんの美しい言葉に出会うことができました。書かれている言葉が、日本語であろうが、英語であろうが、本の中には、よく噛みしめて味わえば伝わる美味しい言葉たちが、たくさん隠れているのです!!!(発見がおそい?)

というわけで、分かりやすい大味ばかりに気をとられてた私ですが、繊細なる味を知るべく現在は、腰を据えて本を読んでいます

時間をとって、本に集中し、気に入ったところは読み返したり、意識してゆっくり読むように心がけています。

この手に持った本との出会いを大切に、ゆっくりじっくり読書にふける毎日です。