Mother Teresa -come be my light-

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。今年もマイペースに洋書を読んでまいりたいと思います! このブログでまた多くの方々にお会いできるのを楽しみにしています。本年もよろしくお願いいたします(*^-^*)。

Mother Teresa: Come Be My Light : The Private Writings of the Book Mother Teresa: Come Be My Light : The Private Writings of the "Saint Of Calcutta" (Doubleday)

著者:Mother Teresa
販売元:Doubleday
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 404ページ

作品区分: ノンフィクション

―― マザー・テレサのようになりたい。

そう言える人を私は尊敬する。

ずっとマザー・テレサという人に関心があった。以前にもこのブログで彼女の言葉を紹介させてもらったことがあるが、マザーの言葉には、何度も自分の歩む道を軌道修正してもらったり、足の止まりそうな坂道で背中を押してもらった。

マザー・テレサは、その一生を「最も貧しき人々」のために捧げた。インドのカルカッタに「死を待つ人々の家」をつくり、貧しくて道端で死んでいくしかない人々の最期を看取った。1979年にはノーベル平和賞を受賞している。神の声にしたがい、教会を離脱してまで、貧しき人々を救う活動を始めることを決めている。

道端で放っておかれたまま、死を待つしかない人々。

傷口には虫がわき、苦しみでうめき声をあげ、目はにごり、

確実に死に近づきつつある臭いがする人々。

その人々を救う立場にある自分たちでさえ、一日をしのぐためにぎりぎりの生活をしなくてはならない。

マザー・テレサたちは時に物乞いさえしたという。

マザー・テレサのようになりたい、と私は言うことができない。

そう言うには、私はエゴが強すぎる。

雨風がしのげる家が欲しい。

毎日お腹いっぱいご飯を食べたい。

それだけではない。

居心地のよいソファーと美味しいコーヒー、大好きな本に、美しい音楽、にぎやかな街にも出かけたいし、おしゃれもしたいし、テレビも見たい。

私のように、ちっちゃなことに毎日ぶんぶん振り回されている人間とは、マザー・テレサは違う世界に住む人間なのだと思っていた。

この本は、会社では彼女の上司にあたるのであろう教会の大司教に宛てた手紙等で構成されている。現在「マザー・テレサ・センター」の所長もされている、神父であるBrian Kolodiejchukという人が編集と解説をしている。が、この本には私が期待していたような彼女の言葉は見受けられない。

Do not think that my spiritual life is strewn with roses --that is the flower which I hardly ever find on my way. Quite the contrary, I have more often as my companion "darkness".

そう、この本はマザー・テレサの"darkness"の記録なのである。

1946年の9月、彼女は神の声を聞き教会を離脱して、神の道具、神の鉛筆となって、貧しい人々を救う活動をはじめることを決意する。ともに働くシスターたちは、マザー・テレサがいつも微笑みを絶やさず、理性を保ち、常にシスターたちをひっぱってくれる存在であったことを明かしている。

しかし、彼女の心には出口の見えない闇がとぐろを巻いていた。

"There is a deep lonliness in my heart that I cannot express it."

"Please pray for me -- the longing for God is terribly painful and yet the darkness is becoming greater."

"The darkness is so dark --and I am alone. --Unwanted, forsaken. --The lonliness of the heart that wants love is unbearable. --Where is my faith?"

マザー・テレサは、神に見放されて、一人ぼっちで暗闇のなかを歩き続けていた。神に愛されていないという孤独感。それは、どんなにか辛い時間であることだろう。

私たちは信仰を持たなくても、誰でも似たようなひと時を持ったことがあるのではないだろうか。真夜中にふと目を覚ます。自分が意地悪をしたこと、いやな気持ちになったこと、深く傷ついた言葉を思い出す。この世界に自分のことを気にかけてくれている人なんているのだろうか。愛されてなどいないのではないか。自分のやっていることは全部空回りで終わってるんじゃないか。どこかで笑われてるのではないか。誰かに憎まれてるのではないか。自分が生きている意味なんてないんじゃないか…。

マザー・テレサは"darkness"を抜け出すことができたのか。

いや、抜け出せなかった。 抜け出さなかった。

"For the first time in this 11years --I have come to love the darkness. --For I believe now that it is a part, a very, very small part of Jesus' darkness & pain on earth."

"I am at His disposal."

闇を闇ごと引き受ける人生。

この本は、いつも読んでいる小説とは違って、正直に言ってしまうと時として退屈なところもあったりして、少しページをめくるのがしんどいときもあったけれど

読んで良かったなあと思う。

マザー・テレサのようにはなれないけれど、

マザー・テレサのようになりたい、と心から言える人間になりたいと思えたから。

最後にこの本にはないが、私の好きなマザー・テレサの言葉を紹介させてもらおうと思う。この本を読んだ後に、この言葉を読むと、マザー・テレサの静かな微笑みが頭に浮かんできて、何だかじーんとしてしまった。

人々は理性を失い、非論理的で自己中心的です。

それでも彼らを愛しなさい。

もし、いいことをすれば、人々は自分勝手だとか、何か隠された動機があるはずだ、と非難します。

それでもいい行いをしなさい。

もし、あなたが成功すれば不実な友とほんとうの敵を得てしまうことでしょう。

それでも成功しなさい。

あなたがした良い行いは、明日には忘れられます。

それでも良い行いをしなさい。

誠実さと親しみやすさは、あなたを容易に傷つけます。

それでも誠実で親しみやすくありなさい。

あなたが歳月を費やして建てたものが、一晩で壊されてしまうことになるかもしれません。

それでも建てなさい。

ほんとうに助けが必要な人々ですが、彼らを助けたら彼らに襲われてしまうかもしれません。

それでも彼らを助けなさい。

持っている一番いいものを分け与えると、自分はひどい目にあうかもしれません。

それでも一番いいものを分け与えなさい。

(こちらの言葉は、このHPを参考にさせていただきました。ありがとうございました。)

ここまで読んでくださってありがとうございます。皆さんにとって、今年いちねんが幸せいっぱいの年となりますように!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

Ex Libris: Confession of a Common Reader

表紙のグリーンとクリームイエローの淡い色彩、真ん中に積み上げられた本の上で読書にふける女性、思わず手で撫でたくなるほど、お気に入りのデザインの本です♪

Ex Libris: Confessions of a Common Reader Book Ex Libris: Confessions of a Common Reader

著者:Anne Fadiman
販売元:Farrar Straus & Giroux
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 157ページ

―― 結婚して五年、何もかも共有してきた私と夫、いよいよ「本棚」も一緒にすることにした。けれど、本好きであればあるほど、本の並べ方にはこだわりがあるもの。論争の結果、アメリカの本はアルファベット順に、イギリスの本は時代順に並べることに。さて本当に私たちの本棚は結婚できるのだろうか…。(「Marrying Libraries 」より)

―― 兄のKimがホテルで本を開いたまま伏せておいたら、ルームサービス係の人にこんなメモを残された。「お客さま、本にこのようなことをしてはいけません」 私には兄の悔しさがよく分かった。こんなに本を愛する家族はないのに! 本の重さを減らすために、読み終わったページを破って捨ててから飛行機に乗った父親、サウナで本を読むので、ページが熱気でぺらぺらに垂れ下がっていても平気な夫、この人たちのことをあのルームサービス係の人はどう思うのだろう…。本を丁寧に扱う厳粛な愛もあれば、本を乱雑に扱うからこその動物的な愛もあるという本への二種類の愛情の話。(「Never Do That To A Book」より)

他に、ナボコフの作品に15個の誤植を見つけて手紙をナボコフに送った話、作家であった母親の書いた文章が盗作された話、古本が大好きで誕生日には夫が古本屋に連れて行ってくれて8㎏の本を抱えて帰った話など、

作家の両親を持ち、本好きの夫と結婚したAnne Fadimanの、本を愛する読み手のための本づくしのエッセイ集。

作家について

Anne Fadimanは1953年生まれ。父親は、ラジオ・テレビのパーソナリティであり作家でもあったClifton Fadiman、母親は作家であり第二次世界大戦時「Time」等の特派員であったAnnalee Jacoby Fadiman。自身は「The American Scholar 」の編集者であった。「The spirit Catches You and You Fall Down」でNational Book Critis Circle Awardを受賞。

感想

この本の表紙は、今持っている洋書のなかでトップ3に入るくらい好きです。色合いといい、文字のデザインといい、真ん中のイラストといい、ただもう大好き!

中身のほうはと言えば、森の小道を少しずつ確かめて歩いてゆくような、そんな読書を味わうことができました。「森の小道」は何だか綺麗な言葉ですが、実際は森の小道って舗装されていないし、標識もないので、進んでゆくのはけっこう大変なものです。この本も同じで、表紙のおしゃれさにだまされて、手を抜いて読もうとすると一向に先に進めないように出来ています。

道端に咲くそれぞれの花、曲がり角にそびえる大木の名前や生態をゆっくり調べながら行く楽しみがこの本にはあります。

Hardy, Yeats, Milton, Byron, Isak Dinesen, John McGahern, Charles Lamb, Thomas Wolfe, Virginia Woolf(彼女の「The Common Reader」 からタイトルをもらっています) …。

人名だけでなく、私にとっては難しい単語もたくさん出てきます。けれど難しい単語は意味が少なくて、辞書をひくとぴたっと決まります。揺るがせないものが立ち上がってきます。

そのうち、森の切り株に腰をおろして考えごとをするように、こういう読書と同じような生き方が出来ないかなあ、なんて空を見て思ったりしている自分がいます。もちろん、それは、読書が何冊読んだかだけじゃないのと同じように、行動じゃなくて、心のありかたにキーがあるんだろうなー、そんな人間になれるかしら…。(´-ω-`)う~ん

自分ならこうだ! 自分だったらこう思う! 本好きの私にとってそんな風に自分と照らし合わせながら、思い入れたっぷり読めたのも楽しかったです。たとえば、あらすじで紹介した、本に対する二種類の愛情の話。私は本は乱雑に扱うタイプ。開いたまま伏せておくし、書き込みもどんどんするし、どこにでも持っていくので表紙のはしっこが折れてしまったりしているのも…。でもそうやって使い込まれた感じが、親密さの証のような気がします。

それから、本棚を夫と一緒にするという話。うちは夫は実用書ばかり読むので、たぶん一緒にしても(今は別ですが)あまり喧嘩することはなさそう。皆さんどうしてるのかな? 興味津々です(*^-^*)。

A particularly bad moment occured while he was in the process of transferring my Shakespeare collection from one bookcase to another and I called out, "Be sure to keep the plays in chronological order!"

"You mean we're going to be chronological within each author?" he gasped. "But no one even knows for sure when Shakespeare wrote his plays!"

"Well," I blustered, "we know he wrote Romeo and Juliet before The Tempest. I'd like to see that reflected on our shelves."

(「Marrying Libraries」より引用)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしていただけると嬉しいです(*^^*))

Persepolis

私が時折チェックしている、英語圏のブログやサイトで話題になっていたこの本。表紙の女の子に一目ぼれをして思わず購入してしまいました。

Persepolis: The Story of a Childhood Book Persepolis: The Story of a Childhood

著者:Marjane Satrapi
販売元:Pantheon Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 160ページ

作品区分: その他

この作品は、作者自身のイランで過ごした子供時代の回想記で、漫画です。今回はあらすじを書くより、作者自身が過ごしたイランという国がどんな風だったかについて説明したほうが、よりこの本の良さが分かってもらえるかなあと思います。少し漢字の多い黒々とした文章が続きますが、どうかおつきあいくださいねヽ(*゜∀゜*)ノ (以下「Wikipedia」を参考にしました)

1908年にイランで「石油」が発見されて以来、周りの国々は石油をねらって画策を続けていました。そんな国々の一つ、英国の援助によって、レザー・シャーが即位し、イランの近代化がはじまったと言われています。しかし彼は英国の立場をじょじょに弱めていく方向へ動いたため、英国により強制退位させられ、その子、モハンメド・レザー・シャーが後を継ぐことになります。

1951年には民族主義者であるモハンメド・モサッデグが首相に選ばれたにもかかわらず、数日後にはCIAとアメリカ政府の画策によってシャーが復位するなど、イランは石油を狙う国々に振り回されることとなります。このときシャーは見返りとして、米40%、英40%等、他国へ石油の利益を譲渡する、という契約にサインしています。

こんなんで、国が安定するわけがありませんね。(´-ω-`)

SAVAK(国家情報安全機関)と呼ばれる秘密警察は反政治活動をしたことを理由に、当時大勢の国民を殺しました。このSAVAKを含めた政治に対する不満が、国の背後に立つアメリカや西欧文化に対する反感へとつながっていったとも考えられています。人々の不満はつのり、ついに「イスラム革命」が起こり、1979年ホメイニーが最高指導者としてその座を獲得します。

けれど左に大きくふれた振り子は今度は右に大きくふれることとなります(。・o・。)ノ

新政府は非常に保守的で、西欧文化は禁止され、国の徹底的なイスラム化が断行されました。同じ年に「アメリカ大使館占拠事件」が起き、合衆国との国交は断絶。1980年「イラン・イラク戦争」が始まります。この戦争でイスラム革命をくいとめたいアメリカ、欧州諸国はイラクを支援します。ソ連もまた革命の火が国内へ飛火することを恐れて、イラクを支援しています。孤立したイランはこの戦争で武器の調達のため、北朝鮮に急速に接近したと言われています。この戦争は、8年間も続きました。

―― 長くなりましたが、こんな時代のイランで暮らす女の子の物語です。

作家について

作家「Marjane Satrapi」は1969年にイランで生まれ、少女時代を首都テヘランで過ごす。ウィーンへ留学したのち、フランスで「illustration」の勉強をする。本作品は2007年にアニメ映画化が決まっている。英語版では続編「Persepolis2」が出版されている。

作者のサイトはこちら

「Persepolis」映画のサイトはこちら

感想

素朴でシンプルなイラストと心にしみいる言葉で彼女の少女時代がつづられています。主人公の少女が大人っぽくて深い洞察力に満ちているのは、困難な時代をすごしたこともありますが、彼女自身が吸収し、考え、行動する素晴らしい人間性を持った女の子であったことも大きいのではないかと感じました。

上に書かせてもらったイランについての説明を読んでいただければ分かってもらえると思いますが、決して明るく幸せな状況下での話ではありません。

だけどなぜか全編に漂うおかしさ、ユーモア。

内容はあまり話したくはないのですが、少しだけ。

刑務所でひどい拷問を何年も受けてきた知り合いの人たちは、解放されたあと、まるで家の近くで自動車が衝突した事件を分析するみたいに、淡々と拷問の方法について話します。

主人公の少女は、それを聞いてありとあらゆる拷問を友達とためしに考え出してみます。ゴミを口いっぱいにほおばる、腕をねじってみる…

最近思うのですが、倒れそうになった人を最後に救うのは、鳥にでもなったつもりで自分を空から見てみて、それを「笑い」に変えてしまうような、そんな力なのかもしれません。

それでもやはりこれは、悲しく、重たい物語です。

最後のページの絵と下に書かれた短い一文を、私は忘れることができません。

絵の力を借りてぐんぐん読み進めることができました。漫画が苦手だという方、どうか敬遠しないで手にとってみてください。これは素晴らしい「本」です!!

最後に冒頭の作者の言葉を引用したいと思います。

I also don't want those Iranians who lost their lives in prisons defending freedom, who died in the war against Ilaq, who suffered under various repressive regimes, or who were forced to leave their families and flee their homeland to be forgotten.

One can forgive but one should never forget.

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ にほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしていただけると嬉しいです(*^^*))