« 引き受ける | トップページ | 将軍に完敗 »

お鳥見女房

お腹が大きいことを理由に、日中からソファーでゴロゴロして、WBCを観戦している今日この頃ですcoldsweats01。プロ野球のナイター観戦は必須、高校野球が始まると半日テレビをつけっぱなしにしていたうちで育ちました。最近は夫の影響で、サッカーやバスケ、アメリカにいたころはアメフトまで観戦するようになりましたが、やっぱり野球が一番身近なスポーツですheart04。日本がんばれsign03

自分が運動オンチなので、余計にそうなのかもしれませんが、スポーツに取り組む人の姿には、本当に(すぐに)感動します。いくら言葉を駆使しても届けることのできない、人間の素晴らしさをスポーツに関わる人たちは、たくさんの人々の心に響かせることができるような気がします。真剣に勝負に挑む選手やそれに関わる人たちを見ていると、人間は善きものであることを、真っ向から信じたくなります。

そしてこちらも『人間は善きものである』ことを信じたくなる読後感の良い作品でした。

お鳥見女房 (新潮文庫) Book お鳥見女房 (新潮文庫)

著者:諸田 玲子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主人公の<珠世さん>は、矢島家の女房。長女は嫁いだものの、三人の子供たちと退職した父親と暮らしています。この矢島家は、代々『御鳥見役』というお役目を勤めているそうです。どんな仕事をするのかというと、将軍の鷹狩のために雀を捕獲する、鳥の生息状況を調べるなど。でも実は実は、幕府の『裏の任務』も請け負っているのです。この裏の任務に<珠世さん>の夫はつくことになり、家を空けることになります。

夫に代わり、一人で家を切り盛りする珠世さんのもとに、子供5人をひきつれた浪人風の男と、なにやら事情を抱えていそうな剣の腕の達者な女の子が居候することになります。

この作品には、時代ものにありがちの斬った斬られたという話はほとんど出てこないです。縁あって自分と関わった人たちの心を少しでも明るくしようと努める珠世さんの物語だからです。

7つの話が収められている連作集なのですが、どの話でも、心が温かくなり、たとえ「悪役」が出てきたとしても、そんな登場人物たちも含めてみな、人間てやっぱり善きものなのだなあと信じたくなります。

珠世さんは人の心を思い、何よりも人の『善』を信じます。世の中そんなにうまくはいかないよ、と言いたくなる私でしたが、この本を読んでいるうちに、珠世さんのように人の『善』を信じる強さが自分にないだけだと気がつきました。そして、人の心を思い信じる人間の周りには、きっと善い人達が集まるのだろうということも。

向田邦子さんの妹さんである、向田和子さんは、あとがきにこんな言葉を寄せています。

珠世さん、親友になりたいんです。

私も、善い人達が周りに集まってくる珠世さんのように、人の『善』を信じる強さを持ちたいと思いましたconfident

こちらの本は、私のお気に入りブログ、雫さんの『Drop's Happy Reading Day 』で知りました。洋書はもちろんのこと、和書も素敵な本がたくさん紹介されています。雫さん、ありがとうございましたshineにほんブログ村 本ブログへ

« 引き受ける | トップページ | 将軍に完敗 »

コメント

nikoさん、早速遊びに来ました♪
素敵な感想とご紹介、ありがとうございます!
本当。この本を読むと人の温かみとか、可能性を
信じてみようかなぁと思います。
私は先日、寝込んで疲れていたときもこの本で元気
になりました。続きが早く読みたいものです。

雫さん
本当に素敵な本を紹介してくださって、ありがとうございます! 重たい文章が頭に入らない今の私にも、ゆったりとした気持ちで楽しめる読書でした。このシリーズは読んでいきたなあと思います。ありがとうございました☆

nikoさん、
とてもお久しぶりです。 ふっと遊びにうかがったら、私の大好きな本のご紹介で、うれしくて、コメントします! 雫さんのブログでもこの本についてコメントしたのですが、私、このシリーズの大ファンです。
いいなぁ・・・と思いながら、このシリーズを何度も読み返してます。 特に、疲れたときとか、むしょうに読みたくなる本です。
そうそう、ずいぶん昔にnikoさんが紹介してくださったBook Thiefも最近Audio Bookで購入しました。 ちょっと長めなのですが、聴くのを楽しみにしてます。nikoさんが紹介文を書いてくださってから、ずっと読みたいと思ってたのですよ(笑)。
お母さんになられるのですね、楽しみですね♪ 赤ちゃんが生まれちゃったら忙しくててんやわでしょうから、おなかの中にまだ入ってくれているうちに、のんびりのんびり、の生活を楽しまれてください!

わぁ、Dillさん、お久しぶりです! コメントありがとうございます! Dillさんも、このシリーズがお好きなんですね。お鳥見女房は、心をあったかくする力を持っているなあと思います。Book ThiefもAudio Bookで聴いてくださっているとのこと、とても嬉しいです☆確かに産後は、本をゆっくり読む時間はなさそうですね…。今のうちに思う存分楽しんでおこうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引き受ける | トップページ | 将軍に完敗 »