« 月と六ペンス | トップページ | 女性俳句の世界 »

空白の叫び

偶然が重なってドキリとした。ちょうど少年犯罪についての小説を読んでいるときに、点子さんから、先日読んだ「心にナイフをしのばせて」の記事ににコメントをいただいた。点子さんもこの「心に~」の本をお読みになったという。(記事はこちらです)ときどき、こういう嬉しい偶然が起こる。本好きの人種というものは呼び合うものなのかもしれない。

空白の叫び 上 空白の叫び 上

著者:貫井 徳郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

14歳の少年、三人がこの物語の主人公である。始まりから、衝撃的な表現が連なる。一人目の少年、久藤美也(よしや)は、内面に得体の知れない”瘴気”を抱えている。

「美也くん」という呼びかけ。母にそう呼びかけられるたび久藤は、頭蓋骨の内部を毛虫が這うようなおぞましさを覚える。おれはもう、てめえの乳首に食いついていた赤ん坊じゃねえ。

.

父が薄っぺらな人間だという事実に、久藤は早くも小学生の頃に気づいていた。自分が無学だったばかりに苦労したという怨念から、息子には馬鹿のひとつ憶えの如く「勉強しろ」と唱え続けた父。勉強こそが、目眩く希望に満ちた未来に繋がると盲信している認識の浅さ。

久藤の気持ちは登校中にいる老犬を毎朝蹴飛ばしても、小学校のときにいじめられた奴をいびり返しても晴れることはない。自分でも扱いこなすことのできない、痛くて、むず痒い瘴気は、少年の心の中でどんどんふくらんでいく。

二人目の少年、葛城拓馬は、金持ちの家の息子だ。いまどき使用人のいる家、四人目の母親。早くから英才教育を受けているので、成績も良い。運動神経にも恵まれている。更に生まれついての美しい顔立ち。だからこそ、葛城は他人に決して心を開くことはない。

頭がよく、運動神経が抜群で、容姿は申し分なく、さらに経済的に恵まれている人など、性格が歪んでいるに決まっている。そういう暗黙の決めつけが確かにある。

葛城は、人の嫉妬やひがみの醜さ、危険さを14歳にして知ってしまっている。できるだけ他人と距離を置き、何を考えているか分からない奴と思われること、それしか生き残る道はないと考えている。しかし使用人の家の息子、英之だけは、そんな葛城の心に土足でずかずかと入り込んでくる。

「おっ、うまいなあ。やっぱり金持ちのぼんぼんは違うよな。オレみたいな庶民とは、生まれつき血が違うんだよな」

いつもの英之の口癖だった。自分には難しいことがあると、英之はすぐ生まれのせいにする。まるで己が葛城の立場に生まれれば、すべては逆転していたかのようなことを言う。

三人目の神原尚彦は、叔母と祖母と暮らしている。母親は息子を置いて、男から男を渡り歩いている。一見普通の男の子である神原。しかし、いとも簡単に他人を裁き、何でも周りのせいにして悪を心に育てているようだ。

三人の少年が、殺人の罪を犯すまでの心情が克明なまでに記録される。私は、自分が14歳だったときのことを思い返してみる。思い出せない。けれど、久籐のように、原因は分からないが、いつ爆発するか分からない猛毒を胸に抱えていた気持ち、それに気づいたときの自己嫌悪感に、覚えがある。葛城のように、押しつけがましい卑屈な言葉と、いわれのない嫉妬を吐き出す、弱くてずるい人間を許せずに、軽蔑していた自分がいたような気がする。神原のように、良いか悪いか、右か左か、その「間」を見ることができずに、簡単に突発的に判断していたころがあったような気がした。

物語は終わらない。

少年院に入れられる三人。過酷で、正義も何もない、地獄のような世界に少年たちは放り込まれる。

信じられない、信じられない、信じられない。こんな世界が世の中にあるとは、とても信じられなかった。これが少年院の生活か。これが罪の代償なのか。

やがて、彼らは少年法に守られて、出所する。けれど外の世界もまた、内の地獄と同じくらいに過酷であることをすぐに悟る。

しかし世間は、久籐の罪を決して許さない。あらゆる手段を用いて、不断に罪の重さを自覚させる。その徹底ぶりは、少年法の不備をみなで補わなければならないとでも考えているようだ。おそらく世間は、犯罪少年の更生など望んでいないのだろう。

いやがらせ、怯えを含んだ白い目、怒り、憎しみの標的。少年たちは、やがて出所したもの同士で集まるようになる。彼らは、先の見えない行き止まりまで追い詰められてゆく。

被害者の家族たちは言う。

「…… 私は誓おう。私は生きている限り、君への憎しみを捨てない。この先二十年でも三十年でも生きて、君のことを呪い続ける。そして、君が社会に出てこないよう、あらゆる努力を払う。君は死ぬまで、塀の内側で生き続ければいいのだ」

.

「私はぼっちゃんを殺しません。私に殺して欲しいなんて、ちょっと虫がよすぎやしませんか」

物語は終わるが、きっと終わらないのだろう。彼らの人生は続いてゆく。人を殺すことがどういうことなのか、最後に少年たちは自分たちなりの結論を出す。

作家の貫井徳郎さんは、少年たちの心の動きを細やかに書き出しているだけでなく、少年院の実態、少年が出所したあとの社会の状況なども克明に読者に示している。丹念に取材をされたのだろう。

他作品『慟哭』のラストは、あっと声を上げてしまうほどの衝撃だったが、今回の作品にも大きなひねりが用意されている。謎解きの要素もあって、長い作品だったが一気に読んでしまった。

被害者の立場、加害者の立場、第三者の立場、私はこれからも本を読み、考え続けていきたいと思った。結論はそう簡単に出ないとは思うけれど。

小説は、作家の手による空想の物語である。けれどその波間に真実が、つつつ、と顔を出す。そのうち、目の前に広がるこの海全部が真実なのかもしれない、と思い始める。

小説には、真実というものに最も近づく力があると思う。

慟哭 (創元推理文庫)

それから最後に、点子さんのブログを通して知った、コニコさんも、少年犯罪をテーマにした記事をお書きになっています。紹介されている本もとっても興味深くて、本好きの人種が呼び合う偶然に二度嬉しくなりました!(記事はこちらから

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

« 月と六ペンス | トップページ | 女性俳句の世界 »

コメント

nikoさん、こんにちは。いきなり拙ブログを紹介して下さって恐縮しています。ありがとうございました。この本もちょっと読むのが恐い気がします。14歳という揺れる年齢、一歩間違えば…の世界だと思います。是非読んでみますね。

 こんにちは。拙い私のブログをご紹介くださりありがとうございます。ほんとに本好きの偶然、なにか呼び合うようなことって、ありますよね!ところで「空白の叫び」というのはこれまた重いテーマなのですね。先月この「心に・・・」を読んだ重さがまだ残っているので、また気持ちが落ち着いたときにこれは取っておきますね。
 

konikoさん
読んでくださってありがとうございます。この本は確かに読んでいて、エネルギーを使うなあと思いますが、加害者側から書かれている興味深い小説です。konikoさんの名前がすごく似ているので、親近感を持ってしまい、記事をいきなり紹介させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

点子さん
読んでくださってありがとうございます。この本はちょっと重たいので、私も気力のあるときに読んでよかったなあ、と思いました。また、いつか点子さんと本好きの嬉しい偶然が起こることを楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166513/24009834

この記事へのトラックバック一覧です: 空白の叫び:

« 月と六ペンス | トップページ | 女性俳句の世界 »