« 第七官界彷徨 | トップページ | 北村薫の創作表現講義 »

心にナイフをしのばせて

心にナイフをしのばせて Book 心にナイフをしのばせて

著者:奥野 修司
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1969年、当時高校一年生だった、加賀美 洋君が殺害された。犯人は一緒にいた中学時代からの友人、少年Aだった。少年Aは当時15歳。これは、少年犯罪の被害者家族の事件後の心の傷を中心に描いたノンフィクションである。

死んでいることはすぐにわかった、と第一発見者の教師は言う。

「何人かの先生と手分けをして捜していたら、私の先に加賀美君の死体があったんです。蠅とかウジのようなものがたかっていてワイシャツは真っ赤でした。何よりも首が胴体からおよそ十数センチほど離れて、つつじ畑のあぜ道に転がっていました。すさまじい光景でしばらく私は、寝ることができないほどうなされました」

警察が発表した解剖所見によれば、胸部十二ヵ所、背中七ヵ所、頭部十二ヵ所、顔面十六ヵ所の計四十七ヵ所をめった刺しにされていたという。

少年Aはなぜ殺したのか。その理由も明確に分からないまま、法で守られたAの消息も分からないまま、加賀美くんの家族はその後の地獄のような年月を送ってゆく。

加賀美くんの妹、みゆきさんは事件後の家族をこう振り返っている。

「あの事件から一、二年、母はずっと寝込んでいたんです。それも毎日睡眠薬を飲んでいたから、一日二十四時間、ほとんど横になって眠りっぱなしだから、母はあの日のことを覚えているはずがないんです」

事実、母親のくに子さんは、加賀美くんが殺された後の数年間の記憶がすっぽりと抜け落ちているという。

母はあの事件から急激に痩せ、髪の毛は真っ白だった。

強いショックを与えると、一晩で真っ白になるというが、母は本当に一日で真っ白になった。

さらに母親は強いショックを受けると、意識を失って倒れるようになったという。

倒れてしばらくすると母はむくむくと起きあがり、いまだかつて聞いたことのない汚い言葉で罵りはじめるのだ。

みゆきさんは、母親が突然発狂したみたいになるのが、恥ずかしく悲しく、泣き叫びたい気持ちになったという。一方、父親は自らの意志で、クリスチャンになる。家族はみな、クリスチャンだったが、加賀美くんが亡くなるまで父親は決して洗礼を受けなかったという。みゆきさんによると、父親は、殺されたとき加賀美くんの腕にあった血だらけの腕時計を、教会にいくときも、洗礼を受けるときも、肌身離さずはめていた。聖書も加賀美くんのものを使っていた。

みゆきさんは、両親のお気に入りだったお兄さんが亡くなったことで罪悪感を抱くようになる。

兄のかわりにわたしが死んでいれば、親もこんなに悲しまなかったのに……。同じ死ぬなら期待されていたお兄ちゃんじゃなくて、わたしだったらよかったのに……

そして、みゆきさんは、一時的に苦しみを消し、現実を忘れるためにリストカットに手を染めることになる。一家は、加賀美くんが亡くなったあと、一度も加賀美くんの話に触れなかった。テレビとラジオはその後数年間にわたって、白いシーツをかけ電源を入れることはなかった。

少年Aは、事件当時、加賀美くんに中学時代からいたずらをされたり、からかわれたりして見下されていたと感じていたと証言している。しかし、学校の同級生たちは、普段は仲が良く、じゃれあっているような感じだった、と述べている。作者は、

加賀美くんがふざけているつもりでも、少年Aが「いじめられている」と受け取ることがある。

と記しており、そのことには私も同感である。加賀美くんと仲の良かったグループの一人、佐々木さんはこう言っている。

五人でいると、どう考えてもやられるのはあいつなのに、あいつは自分から遊ぼうぜと言ってくる。――(略)―― いつもおれたちにやられながら、どうしておれたちに近づいてきたんだろう。

佐々木さんは、今でも、加賀美くんは自分たちの身代わりになったんじゃないかという気持ちを引きずっているという。

少年Aが、友人関係を超えた、もっと複雑な根の深い闇を抱えていることが見えてくる。作者は、少年Aの複雑な家庭事情などを要因の一つとして記している。しかし、作者も述べている通り、少年犯罪は「前歴」とはなっても「前科」とはならない。当時は、少年院の収容期間が最長でも三年未満だったという。(現在は最長五年に伸びたそうです)そんな短い期間で、過去を知られず、少年たちは社会に出るのだ。だから、作者の少年Aについて深くつっこんだ取材は難しかった。

この本を手に取った方は、どうか最後まで読み通していただきたい。被害者家族の生き地獄のような日々については、胸が痛むなどという次元ではないことが分かる。最後の、作者がつきとめた少年Aと加賀美くんの母親の会話には、しばらく身動きがとれなくなるだろう。殺人者は確かに私たちとはかけ離れたとても恐ろしい人間なのかもしれない。だから私たち一般市民が、あまりにも広がった闇からは、距離をとり顔をそむけるのも仕方がないのかもしれない。けれど恐ろしいものにふたをしても、ふたの中からそれが消えるわけではない。逃げても逃げても、むしろ逃げるほど、それはふつふつと膨れ上がってゆく。少年院という場所で、何ができるのか。どうしたら良いのか。あきらめや無関心を超えて、人は人と関わらなくては駄目だ。自分を守ることは、逃げることではない。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

« 第七官界彷徨 | トップページ | 北村薫の創作表現講義 »

コメント

あまりに重い内容でコメントできずに、今日また伺いました。顔をそむけてしまうと楽だけど、しっかり見極めなければいけない本当に大切なことが書かれているのですね。
nikoさんの文章とても読み応えがありました。

「東京セブンローズ」(取り寄せ)今近くの書店に届きました、楽しみ!です。

さくらさん、コメントありがとうございます。少し、まとまりの悪い文章だったなあと反省しています。読んでくださってありがとうございました。「東京セブンローズ」取り寄せてくださったのですね!ぜひ、読後の感想を教えてくださいhappy01

この本はずっと気になっており、8月やっと読み、きょうやっとブログの記事にしました。nikoさんのように上手にまとめられないのですが、多くの人に考えてもらいたい問題です。

点子さん
点子さんもこの本をお読みになっていたんですね。被害者家族の苦しみについてさまざまなことを教えてくれたように思います。ぜひブログにお邪魔して、読まさせていただきます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166513/23289692

この記事へのトラックバック一覧です: 心にナイフをしのばせて:

« 第七官界彷徨 | トップページ | 北村薫の創作表現講義 »