« A Prayer For Owen Meany | トップページ | "Fear Is Attraction." »

振り回されてみたり、みなかったり。

自分の好きなことをとことんやる。情熱を感じることをきちんとやる。だから私は本を読もう。アメリカに来たからには、洋書を読もう。

これが私の最近の誓いであった。好きなことをきちんとやるってけっこう難しい。今までだって、何度も失敗してきた。まず最初は、好きなことや楽しいことに人生のたくさんの時間をさくことに、ちょっと罪悪感があった。学校や会社に行って忙しかったり、しんどい思いをしたりするほうが、うんと偉いことなのだという、訳の分からない価値観を抱えていたのだ。そして何度もふらふらしてきた。そんなに好きでもないのにふりをしてみたり、周りの人に流されて自分の心が見えなくなったりしてきたから、好きなことを肩の力をぬいて楽しむというその芯には、きっと強いこだわりみたいなものも含まれていたに違いないのだ。

他人から何といわれても、形になる何かを得ることができなくても、気にせずに自分の感情を信じて、好きなことをコツコツやっていこう。

と思っていたのだけれど…。

最近、色んな出来事や、周りの友達にひっぱられることが多いのです。そうやって、外からのものや人に振り回されて、読書以外の時間を持つことが多くなっています。前回の洋書を読んだ後、エネルギーを使い果たした感じがあったので、自分でも少し心がよそを向きたがっていたのかもしれません。出来るだけこだわりを捨てて、「振り回されて」みました。どうしても気が重たくなってしまう物事以外は、身を任せてぶるんぶるん振り回されてみることにしました。そしたら、自分は意外にもこんなことも好きだったのか、という新しい発見があったりして、悪くないなあと思っている今日この頃です。

そういえば、反対に「振り回されてみない」ために、面白いことを試したことがありました。ちょうど夫が研修旅行で出かけて一人で暮らしている間に、テレビとインターネットを見るのを止めてみたことがあります。ちょっと頭も心も飽和状態な感じがしたし、だらだらと中毒気味にテレビやパソコンの画面の前から動かない毎日だったので、少しの間離れてみようかなあ、と何となく思ったのを覚えています。

でもね、これはツラカッタ…。

それだけ依存しているってことだとは思いますが、4,5日でパソコンの電源をつけてしまったような記憶があります。もう自分の頭で考えられる大人だから、と思ってもこれだけ情報が飛び交う時代、きっと気がつかないうちに何かに振り回されているような気がします。いつも旅先ではテレビもインターネットも見ないのですが、家ではこれが難しかったです。また試してみようかな。

学校に行って、卒業したら就職して、会社に行って、結婚して、何だか分からないがアメリカで専業主婦をやっている私。

けれどこんな字面では現れない「幸せ」を心につくっていきたいと思っています。自分が幸せかどうかは、他人や世の中が決めてくれるものじゃなくて、自分がそれを生み出していけるかどうかにかかっていると思うからです。

振り回されてみたり、みなかったり。

そんなことを繰り返して、また私は本を手にゆっくり歩きはじめようと思うのです。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしていただけると嬉しいですhappy01

« A Prayer For Owen Meany | トップページ | "Fear Is Attraction." »

コメント

私もなんだか似たようなことを考えていました。季節的にもなんとなく冬眠というか引きこもりの時期で、nikoさんはお友達があれこれ誘い出してくださったようですが、私は積極的に出て行くお友達の行動力をうらやましく思いながらも、出かける気になれず、ひたすら家で本を読んでいました。

「他人から何といわれても、形になる何かを得ることができなくても、気にせずに自分の感情を信じて、好きなことをコツコツやっていこう」

そう思っていても、他人と比べたり、「ニート主婦」なんていう言葉をネットで見つけて「あ、私だ・・・」などと卑下してみたり、ぐらぐらしてしまうんですよね。とことん、そんな感情と向き合ってみようと、開き直っていたこのごろですが、春がきたということもあり、少しずつ、また動き始めようとしている自分がいるのを感じるこのごろです。

「振り回されてみたり、みなかったり」そうやって、お互い、自分の幸せを見つけていきましょうね。
なんだか、励まされました。どうもありがとうございます。

michiさん
michiさんの場合は、最近は外へ出かけるより、むしろ家で一人で過ごすような心の方向だったんですね。そして暖かい春が近づいきて、そろそろ動き始めようと思い始めたとのこと、そうやって無意識に人は幸せに向かって、一歩ずつ近づいていってるのかもしれないなあ、と思いました。michiさんも、ちょうど似たような気持ちでいたというのを知って、ブログをやっていて良かったなあと思いました。一人で考えていることに、誰かが同調してくれるってとても力になります!ありがとうございました。

この時季、やや下向きのとき、私は外へ出て、そのまま下を見ます。雑草が、ちっちゃな花で咲いています。その中にも妙に一つだけこっちを見てるのもあったりします。

私は今、これを見て元気をもらっています。http://jp.youtube.com/watch?v=3pbkCRDRiLc&feature=related

philjoyさん
本当にそうですね、花は期待に応えようとも、評価を得ようとも、誉められようともせず、ただそこに咲いていますね。コンクリートの割れ目にさえも、根を張ってこちらを見上げています。ラベルの『ボレロ』楽しませていただきました。命を授かったということを味わうためにも、毎日を大切に生きていきたいと思っています。温かいメッセージ、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A Prayer For Owen Meany | トップページ | "Fear Is Attraction." »