« God Is Dead | トップページ | A Prayer For Owen Meany »

The known world

昔、人間を皮膚の色だけで判断する時代がありました。人が人を、家畜や日用品と同じように、売買する時代がありました。

The Known World Book The Known World

著者:Edward P. Jones
販売元:Amistad Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 432ページ

黒人が、まだ奴隷として売り買いされていた、南北戦争以前のアメリカはヴァージニア州、マンチェスターを舞台にした作品である。黒人でありながら、33人の奴隷を使っていたHenry townsendが31歳の若さで死んだところから物語は始まる。

マンチェスターで最も有力な白人、Robin Williamsの奴隷であったHenryは、自分が奴隷から自由の身になると、主人であったRobinを通じて奴隷を買いはじめる。なぜ黒人の苦しみを知っているはずの同じ黒人のHenryが、奴隷を使うようになったのか、家族や周囲の人々の心情も丁寧につづりながら、作者はHenryの人生をちらちらと少しずつ明かしてゆく。

Henryのプランテーションで働く奴隷たちの人生もまた、あちこちに綴られている。

安い値で買われた頭のおかしな女の奴隷、Alice。

逃亡をはかろうとして、罰として片耳を切り落とされる男、Elias。

そのEliasと結婚する、足の不自由なCeleste。

さらに、”奴隷”以外の人間を描くことも作者は忘れていない。

奴隷から解放されて自由の身になった黒人を誘拐して、売りさばく違法業者。

それを見て見ぬふりをし、むしろそれに加担するパトローラーたち。

そのパトローラーを管理する保安官のJohnは、自身では奴隷を持ちたくないと思っていたにもかかわらず、結婚祝いとして黒人の女の子をプレゼントされる。

多くの人物が登場し、さらに多くのエピソードがちりばめられている。後ろに登場人物表が載っていて、とても役に立った。

文章の温度は低い。悲しいシーンも、惨いシーンも、淡々と進んでゆく。新聞の記事をあちこち拾い読みしているよう。しかし、そこに安易な図式は一切見えない。白人が悪者で、黒人が善良であるとか、金持ちが腹黒くて、奴隷がただかわいそうな人だとか、そんな簡単な計算式は一つも載っていない。

Henryが初めて買った第一号の奴隷、Mosesは、Henryの死後に悲しみに暮れる妻のCaldoniaに急接近する。それが、新たな悲劇に向かって、この物語を衝撃の結末へとひっぱってゆく。

いくら「法律が悪い」とか「制度のせい」と言って仕方がないとあきらめていたとしても、その法や制度に従わざるを得ない立場にいると悟っていたとしても、その理不尽さに心を痛めたり、大切な人を失って絶望したり、苦しんだり、悩んだり、闘ったりしながら、一人一人が生きていくことは、実は時代の流れをつくる、大切な力なのではないかとこの本を読んで思った。奴隷制度を廃止するという大きな流れをつくったのは、直接は政治に影響がないように見える、日常を生きてきた多くの人々の思いなのかもしれない。

毎日、楽しいものや美しいものに囲まれて、自由に表現できて、好きなものを手に入れられる現代の私たちを、歯をくいしばって支えてくれている、過去の、そして現在のたくさんの人たちの命や思いが見えるような気がした。

"Moses had thought that it was already strange world that made him a slave to a white man, but God had indeed set it twirling and twisting every which way when he put black people to owning their own kind."

作者のEdward P. Jonesは、アフリカンアメリカンであり、1951年生まれ。本作品で、ピューリッツァー賞を受賞しています。

いやーそれにしても、この本は読んでいてしんどかったです。一日に、たくさん読み進められませんでした。つまらないからではなくて、あまりに胸にひびいてしまうから。黒人の多く住む地域に住んでいるからなのか、めりめりと気持ちが沈むというか、ため息が体に溜まってくるというか…。好き嫌いという基準を大きく越えた、忘れられない本になりました。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

« God Is Dead | トップページ | A Prayer For Owen Meany »

コメント

きっと、いつまでも記憶に残る、そんな本なのでしょうね。 日本ではなかなか身近に感じなかった人種問題、私も今ではニュースで毎日見聞きします。
南部にすんでいらっしゃるnikoさんにとって、黒人の歴史は、いっそう胸にひびくのだろうな、と思いました。今、ちょうどオバマが、もしかしたら、アメリカで最も権力をもつ地位につくかもしれない。。。アメリカは変わったのでしょうか?

Dillさん
この本は、日本で読まずに、こちらで読んでよかったなあと思いました。読んだ場所が、よけいにこの本を印象づけてくれたように思います。
オバマさん、個人的には応援しています。人種、性別を超えた今回の候補者を見ると、結果はどうであれ、今回の選挙はアメリカにおいて大きな意味のある選挙になるように思います。あまり各候補の政策や考えを理解してはいないのですが、オバマさんが、確か対テロ戦争で「核兵器不使用」を断言していること知って、個人的に応援したくなってしまいました。対するヒラリーさんは、不使用がどうか慎重に考えるとしていたかと思います。きれいごとかもしれないし、視野の狭い判断になるかもしれませんが、その一点だけでも彼に国を賭ける価値はあるのではないかと思いました。アメリカ、変わるかな…。

こんばんは。(^^)/
やっと来れました。(-。-) フーッ

ランキングバナー、全部clickして帰りまーす。(^o^)
( ^-^)/ポチッ☆ ( ^-^)/ポチッ☆

それではまたー!(@^^)/~~~

ε=ε=ε=ε= タタタタ・・・。゜.☆ ドテ♪

Super源さん
こんにちは。お久しぶりです!ようこそ、おいでくださいました!!この本を読んだ後、エネルギーを使い果たしてしまったせいか、なかなか次の本に移れませんでした。そういうときこそ、Super源さんのブログで、楽しく肩の力をぬいて英語の勉強!ですね♪

こんばんは。このところ2.3日ブログから離れていて読書に熱中していたのですが、(日本語の)読了してまたブログを巡回しています。
そしたら!なんと!
私が読み始めた本を、nikoさんも読まれたのですね。
なんという偶然でしょう。

日本に住んでいると、洋書の情報が乏しく、私の好みの本を見つけるのが難しいので、最近はピューリッツァー賞やマン・ブッカー賞、ノーベル賞などの受賞作を選んで読んでいます。殆ど外れが無いので、安心して読めますね。
nikoさんの書評を読んで、ますます先が楽しみになってきました。

リウマチばあちゃんさん
同じ本を今読まれているんですね。嬉しいです(*^^*)!リウマチばあちゃんさんは、最近どんどん難しい本を読破されていますね!いつもわくわくしながら記事を拝見しています。確かに洋書は好みの本を見つけるのが難しいけれど、賞をとった作家ははずれが少ないような気がします。
実はいまジョン・アーヴィングの本を読んでいます。初めてリウマチばあちゃんさんのブログにコメントさせていただいたのが、The Cider House Rulesだったなあ、と今思い出して何だかじんとしています。とっても字が多くて、長いけれど、またコツコツ読んで感想をアップできたらなあと思っています。

初の黒人大統領誕生に、少しずつ近づいているようですが、nikoさんが住んでいらっしゃるアトランタは、ますます熱くなっているのではないでしょうか?nikoさんがこの本やそのほかにも人種差別についての本を手にしていらっしゃるのを拝見して、やはり住んでいらっしゃる地域の空気が読書の興味に反映されているのかなーなんて、思いました。

michiさん
空気、大事ですよね。インターネットがあると、何でも見られるし、調べられるけれど、そこの空気はやはりその場で体で感じないと分からないんだなあとこちらに来て強く思います。大統領選、アメリカは俳優や歌手、著名人が、誰を支持しているか表明したりするので、そんなインタヴューを聴いているだけでもとても興味がわきます。それにしてもまだ若いミュージシャンや女優さんが、きちんと声にして政治について意見を言うところ、アメリカもやるなあと思ってしまいます。こういう全体を巻き込んでもりあがっていく感じはあまり日本では味わえない気がします。

巨大な理想と偽善によって糾われた合衆国というロープは自分自身も含めた世界中を巻きつけ窒息させようとしているヤマタノオロチのようにも見えますが、根本に原住民搾取、奴隷問題を原因として抱えていると思います。アメリカ人は認めたがらないでしょうが、一国の自浄能力だけでは解決しない暗部もある国、また、突き詰めれば日本も同様の問題のある国だと考えて、お節介を焼ける力を日本人もつける努力はすべきだと思います。それには、こういうシンドイ読書も必要なのですね。現在の私ではこの本を読む体力はなさそうですが、ご紹介のご努力に、感謝いたします。

philjoyさん
お久しぶりです!ようこそおいでくださいました!
ヤマタノオロチ。確かに、アメリカでは、そういう得体の知れない、言葉に言い表されている以上の何か大きな黒い力が、どうにもならないところまで膨らんでしまっているような気がします。それは止まるのか、やはりスピードは落ちても、行くところまで行って破裂するのか…。けれど、アメリカに住んでいる今、全体を構成する「部分」はむしろ、日本より自由でしなやかで強かで、懐の深いものを感じたりすることがあります。つきつめれば日本も同様の問題を抱えていることには同意見です。どこまで、内側を掘っていけるのか、踏ん張りどころにきているような気がいたします。

nikoさん、こんばんは。(^^)/
最近ブログを更新されてないようですが、お元気ですか?(^^)

しかし、以前ここにお邪魔してから、早や1月が経とうとしてるんですね。おお!(゚o゚)

あっ、(・o・)それで、今日はお知らせがあります。

過日、私のオリジナル曲を公開するサイトを立ち上げました。
よかったら、一度覗いてみてくださいね。(^-^)

Super源さんの音楽ブログ - YoroZoo
http://gensmusic.yorozoo.com/

nikoさんのお好みに合うかどうか…。(・.・;チョット フアン

それでは、またランキングバナーをポチポチ押して帰りますね。(@^^)/~~~

Super源さん
コメントありがとうございます!そうなんです、ブログ、本当はもっとこまめに更新したいのですが…。実は少し洋書から遠ざかっていました。少し時間がかかりますが、また本の感想をアップしたいと思っていますので、また読んでいただけると嬉しいです。ところで、Super源さん、曲を作られたんですか!?すごいですlovelyこの後、時間を見つけて、ぜひ聴きにお伺いしたいと思います。時間は、その人によって伸びたり縮んだりするみたいですが、私は一日が、何もできずあっという間に過ぎていくように思うことが多いです。Super源さんのように、色々なことをもっともっと体験したいなあとは思うのですが…。少しずつでも受け皿を大きくできたらなあと思う、毎日です。flair

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166513/10301628

この記事へのトラックバック一覧です: The known world:

« God Is Dead | トップページ | A Prayer For Owen Meany »