« Mother Teresa -come be my light- | トップページ | The known world »

God Is Dead

もし、神さまが死んだら――? はちゃめちゃで、ちょっと現実離れしていて、でもなぜか確かな手ざわりのする物語です。

God Is Dead Book God Is Dead

著者:Ron, Jr. Currie
販売元:Viking Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 180ページ

<神>は一人の女性に身をかえて、ダルフールをさまよっていた。「ジャンジャウィード」にさらわれて、行方が分からなくなった弟を探していたのである。アメリカの黒人の国務長官Colin Powellの力を借りて、<神>である彼女は弟の行方をつきとめようとするのだが、攻撃を受けて彼女は命を落としてしまう。<神>もまた、このとき死んでしまった。

―― <神>が死んだ。

そのことが公表されると、世界は少しずつ変化してゆく。牧師は橋の上から飛び降り自殺をする。殺し合いの末に人のいなくなったある町で、少年たちは、くじでお互いを撃ちあうペアを決め、自殺をし合うという取り決めをする。ある町では崇拝するものがなくなった大人たちが、神の代わりに子供を崇めはじめる。<神>であった女性の死骸を食べた野犬が突如しゃべれるようになる。

やがて戦争が始まる。少年は会ったこともない女の子に携帯メールを送り続ける。「アマンダ、ぼくはヘタレです。 戦争に行く勇気なんてあるわけない、自分の母親にさえ、はむかえないのに」 

少年は軍隊に入る。

世界はどんどん姿を変えてゆく。

―― <神>が死に、世界が変わり、戦争が起こる。九つの短編がつむぐ、可笑しくて怖い世界を描いた連作集。

作家について

Ron currie, Jr.は、メイン州ウォータービルで生まれ、今も在住。本作品が第一作目。

作者のホームページはこちらです。(犬がとっても好きだそうですよ♪)

感想

「God Is Dead」からはじまって「Retreat」という題名の物語まで、それぞれ異なった場所や人物(多少重なることもありますが)が出てくる短編が九つおさめられています。

永遠の命を持っているはずの<神>が死ぬ? その死骸を食べた犬がしゃべりだす?

それはいいんだけど、なぜ世界は<神>が死んだことが分かったのでしょう?

その説明は作品のなかできちんとされていて、これだけ妙な話なのに、なぜか納得して読み進められます。

一番ユニークなのは、<神>の死骸を食べたことで、言葉を話せるようになったメンバーのうち、最期の生き残りの犬へのインタビューが書かれた短編。

きっと少し笑いながら、あなたはこの本を手に取るかもしれません。けれど、その笑いはあなたの顔からすぐに消えることになるでしょう。

<神>が死んだ後、人々の殺し合いがはじまったとき、実はこんな世界が始まるまえから人を殺したかった、大学に入ったときから人殺しの衝動と戦ってきたと友達に告白する少年。

神の代用として、子供を崇めはじめた大人たちに、子供は神ではなく、子供なのだということを訴え続ける医師。

その医師にすさまじいまでの迫害を続ける町の人々。

<神>の死骸を食べてしゃべれるようになった犬の話を聞いたとたん、犬を檻に閉じ込め、その死骸を自分も食べて神になろうとした教授。

そして戦争が始まり世界が大きく変わっても、携帯のメールでしか心のうちを話せない少年。

登場人物たちはみな、どこかで出会ったことのある人たちばかりのような気がします。自分自身なのかも、とさえ思います。

世界が変わっても、人は変わらず、変えられず、変わりようもなく、相変わらず意地悪で、打算的で、優しくて、弱く、その結局ありきたりなことがどの作品でも、しっかり深く書き込まれている印象を持ちました。そして、そこにいちばん心が震えました。

作者の描いた<神>のいない世界は、近いうちにやって来るかもしれないと背筋が寒くなります。もしかしたら遠い遠い昔にこんな世界があったのかもしれないと、鳥肌が立ってきます。

いえいえ、本当はわたしたちは今、その世界に立っているのです。今、ここにいる世界のざらりとした手ざわりが、怖いくらいに伝わってくる作品でした。

"It is in our nature to destroy the weak," Evo-Psych Premier Nguyen Dung said in a statement. "Thus, we had no choice but to execute your soldiers. But we do apologize. In fact, we apologize for this entire war. Sadly, it is in our nature to fight. And we are helpless against our nature. As are you."

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださると嬉しいです(*^-^*))

« Mother Teresa -come be my light- | トップページ | The known world »

コメント

なんとも大胆なタイトル&内容の本ですね。でも、ふとニュースをみても、「神などいない」といわんばかりの事件が多い一方で、「神の名のもとに」多くの命が奪われている現実。でもやはりかろうじて希望をもつことができるのは、やはり神でも運命でもなにか信じるものがあって、自分を正しい方向に導いてくれる存在を信じられる・・・ということなのかもしれません。いつも、面白い本を紹介してくださってありがとうございます!

michiさん
確かに近頃、「神さまはいないのかしら」と思わせられるニュースも多いですね。そして、michiさんのおっしゃる通り、神の名のもとに、たくさんの悲惨な事件も起きていますね。神さまはどういう形をしているとか、決まりがあるわけじゃないから、みんなが信じている神さまはそれぞれ違うものなんだと思います。一つにする必要はないのかもしれません。
>自分を正しい方向に導いてくれる存在を信じられる・・・
本当にそうですね。どんな神さまを信じていくのかは、自分の心にかかっているのかもしれませんね。この本は、そういうこともまた、教えてくれるような気がしました。

nikoさん、

神様が死んでしまった世界って、どんなかな、と考えてしまいました。
私のささやかな毎日の生活は恵まれていて、ざらっとした人間の悪意を止められない恐怖を身近に感じてはいなかったのですが・・・ニュースでは、「神がいるとは思えない」ことが突然身に降りかかってくる事件や事故が、毎日報道されてますものね。 
それにアフガニスタン(映画を見たばかりで、イメージが飛躍してごめんなさい!)なんて、あれほど不幸が続くのに、どうしてまだ彼らは神様を信じ続けられるのかしら・・・
さらに、私が今読んでいる本の作者は無神論者だそうです。 神様はいない、と言い切ってしまうのも、またしんどそう、と思ってたところです。
あぁ、とりとめないコメントになってしまいました。頭の中にぐるぐるといろんな考えが浮かぶ、そんなテーマですね。

Dillさん
そうですよね、神さまがいるとは思えないような事件、いっぱいありますよね。でもこの本を読んで、やっぱり人間は神さまをいなくさせることはできないのではないか、という感想を持ちました。Dillさんが、アフガニスタンの人々が悲惨な状況にいながらも神様を信じ続けているとおっしゃっていますが、それこそが人間であるということなのかも、と思います。無神論者の作者の本! とっても興味深いです。「神さまはいない」ということもまた、一つの神に対する信仰なのだとわたしは思うのですが…。ぜひ、また感想など教えてくださいね☆

びっくりしました!
神様が死んでしまったら、私ってなに?
本当にそう瞬間的に思ってしまいました。
ごく普通の主婦で、よくよく考えてみると、強いて信じているとすれば宇宙の意志のようなものかなあ、
でも神様、私がからっぽになるような気がするのでどうぞ死んでしまわないで下さい。
今、一生かかりそうな大作をかかえているのに、またとても読んでみたくなりました。

さくらさん
本当に、神さまがいなかったら、もしかしたら人は空っぽになってしまうかもしませんね。自分の人生は誰も代わりには生きてくれなくて、自分の足で自分の意志で歩いていくものだけれど、それでも大きな見えない力によって生かされているのだという気持ちも忘れずにいなければ、人は空っぽになっていくのかもしれません。さくらさんの挑んでいらっしゃる大作の作者もまた、大きな力につき動かされて、筆を進めた日もあったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166513/9979993

この記事へのトラックバック一覧です: God Is Dead:

« Mother Teresa -come be my light- | トップページ | The known world »