« Ex Libris: Confession of a Common Reader | トップページ | A Lesson Before Dying »

A Bit On The Side

ある書評を読んで、落ちてしまいました。いてもたってもいられなくて、すぐにamazon.comを検索。同じ作家の作品で、なんと$4.99のセールの本を発見! これが縁でなくて何でしょう!! というわけで、さっさと購入、さっそく読書、どっぷり世界に浸りきりました。(*゚▽゚*)

A Bit On The Side (今回画像が載せられませんでした…。参考はこちら

著者: William Trevor

出版社: Viking

ページ数: 245ページ

―― 弁護士は言った。 「遺産を拒否することもできますよ」 Graillisはホテルに戻ってから、自分は妻を亡くしたことを弁護士になぜ言わなかったのか、と考えた。もちろん弁護士は、妻のことより、彼に遺産を残した女性に興味があるのだろう。けれどGraillisはそのことを告げようと弁護士に電話をすることにした。妻帯者であるかどうかが重要であるかは分からないけれど。受話器を置くと、彼は妻と知り合ったときのことを思い浮かべた。そしてもう一人の女性のことも…。ある女性からの遺産がきっかけで、Graillisは人生を振り返り始める…。「Graillis's Legacy」

―― わたしはお父さんが帰ってくるのを待ちわびている。お父さんはエジプトに行ってばかりでたまにしか家に帰ってこないから。わたしはお母さんに話せないこともお父さんには全部話せる。よく家に遊びにくるお母さんの友達が嫌い。家で働くCharlesは、少なくともお母さんは友達を寝室には入れないから、デリカシーってもんはあるんだろう、と言う…。奇妙な両親、不思議な家族を持った女の子の一生を描いた物語。「Solitude」

他に、中年の男女の恋心と人生を描いた表題作「A Bit On The Side」など、目の前に続く道をただ歩き続けてゆく人々の人生と心を描き出した短編集。

作家について

William Trevorは1928年、アイルランドのCounty Cork、Mitchelstownで生まれる。DublinにあるTrinity Collegeを含むいくつかの大学で学んだ後、彫刻家、コピーライターを経て小説家となる。KBEの称号を持つ。ブッカー賞にも幾度もノミネートされており、数々の文学賞を受賞している。短編の名手と呼ばれ、2007年O.Henry Prizeも受賞。現在、England、Devonに在住。

感想

きっかけは、詩人であり小説もお書きになっている小池 昌代さんの書評でした。

容赦がないのに、どこか一箇所(かしょ)、絶望を裏返す温かみのある作品で、一読、しびれた記憶がある。

という文章に私のほうが、一読、しびれてしまいました。 どんな小説なんだろう、読んでみたいなあ、とわくわく。

トレヴァーの作品には、こうしてリアリティを積み重ねた地上から、不意に離陸する瞬間がある。その聖なる一瞬に作品の命がある。高みから見下ろす著者の視線は、非情さをもって真実を照らし出すが、そのとき読者には涙でなく、より深い、沈黙の慟哭(どうこく)がわきあがるのだ。

不意に離陸する瞬間」て? その一瞬を味わいたい!! 何はさておき、これはもう読むしかない、というわけで手にとったのがこちらの本です。

単細胞の私は、書評の「瞬間」という言葉に、最後の最後に大どんでんがえしが待っている、ひねりの訊いた物語を想像していました。

けれども違う、違うのです。 

変な言い方かもしれませんが、トレヴァーさんの書いた作品には、彼が登場人物をコントロールしている気配を感じません。彼は登場人物のそばに寄り添っているだけのような気がします。

私たちは(いえ、特に私は)、例えば家族や友達、恋人が、苦しんでいたり、不安のなかにいると「大丈夫だよ」と声をかけます。

けれど「大丈夫だよ」と言った優しいつもりの自分の心をよーく覘いてみると、相手が親しい人であればあるほど、自分自身が相手の苦しさや不安にとりこまれてゆくのがいやで、そんな自分の気持ちを早く消したくて声をかけているのに気づくことがあります。

結局、「大丈夫だよ」をむやみやたらに口に出して、自分の不安を消そうと自分のためだけに声をかけている時があります。相手の歩幅に合わせることができず、待っていることができず、だから合わせてくれたり、待っていてくれていた人の存在を思うこともできなくなるのです。

こんなとき、出てくる言葉をぐっとおしころして、ただ黙って見つめているのがトレヴァーさんのような気がします。

相手の抱えている問題と自分のできることを、きちんと切り離して見ることのできる冷静さと、

人間は誰でも自らで生きていく力があるという圧倒的な信頼が、トレヴァーさんにはあるように思います。

そしてそれは「大丈夫だよ」を連発するより、よっぽど相手のためになる真の優しさであることを、彼の作品は教えてくれます。

だから、幸せだとか不幸だとかに分けられずに物語は終わってゆきます。なぜかといえば、それこそが人間なのであり、生きていくことだから。そのあまりにも「真実」な何かをつきつけられるとき、読み手のなかに「不意に離陸する瞬間」がやってくるのだと感じました。

小池昌代さんは書評の最後にこう綴っています。

この作家は、そうした運命の只中(ただなか)にいる人々を、決してすくい上げず、ただ見つめる。あまりに強く見つめるので、私にはそれが「愛」のように見える。

この作品の舞台には、アイルランドの地方の町が多く出てきたように思います。アイルランドの歴史や今のアイルランドの立ち位置をもっと分かっていたら、もっと色々なことを読みとれたかもしれないなあ、と思いました。

最後に言い忘れてならないことは、すばらしい作家と出会えるチャンスをくださった小池昌代さんの文章のこと。残念ながら未読なのですが、日本に帰ったら、彼女の詩集や小説を読んでみたいなあと思いました(*^^*)。

In my foolishness I did not know what I since have learnt: that the truth, even when it glorifies the human spirit, is hard to peddle if there is something terrible to tell as well. Dark nourishes light's triumphant blaze, but who should want to know? (「Solitude」から引用)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

« Ex Libris: Confession of a Common Reader | トップページ | A Lesson Before Dying »

コメント

「アイルランド作家」の本を読まれている・・とうかがってから、「誰だろう?」と思っていたのですが、ウィリアム・トレバーだったんですね!私は、まだこの作家は読んだことがないのですが、映画化されたものをみています。そのときは、この作家の原作に基づいているものと知らずに、アイルランドに関連した映画としてみていたのですが、不思議な、ちょっとぞっとする話でした。小池さん、そしてnikoさんの書評を読んで、もう読みたくて仕方ありません。まだ読んでいないので、なんともいえないのですが、お二人の書評を読んで、彼の作品にも、やはりジェームズ・ジョイスの影響が多少は表れているのかなーと思いました。これは、私自身が読んでみてからの課題ですね。

michiさん
William Trevorをご存知だったんですね!
私は全然知らなかったのですが、すっかりその世界にトリコになってしまいました(*^^*)。アイルランド生まれ、アイルランド育ちですが、両親がイギリス人であることから、彼はアングロ=アイリッシュであるとのこと(http://www.inscript.co.jp/miyawaki/m13%20Trevor.htm)そのことが彼の作品になんらかの影響をもたらしているのなあ、などと全然知らないくせに、知ったかぶっていろいろ推測するこのごろです。映画にもなっているんですね。ちょっとぞっとするお話だったとのこと、どんな映画だったんだろう、と興味深いです。ジェームズ・ジョイスの影響についても、とってもとっても知りたいです!(*^-^*)michiさんがもし何か気づかれたら、ぜひ教えていただければ嬉しいです♪ michiさん、コメントありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166513/9119400

この記事へのトラックバック一覧です: A Bit On The Side:

« Ex Libris: Confession of a Common Reader | トップページ | A Lesson Before Dying »