« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

「深読み」への道(その四)

今回はシェイクスピアに挑戦。

本当は本をとっくの前にとりよせてあったのですが、そのまま積んでありました。

解説、批評、考察、研究、パロディ、オマージュ、引用、エッセイから感想文まで、シェイクスピアに関連するものすごい量の文章が出回っています。正直すこし腰がひけました。

「聖書」では、そちらのほうに目が向いてしまって大失敗した私。

今回は四の五のいわずに、とにかく作品をガシガシ、メリメリ、読み進めていくことにしました。

よく分からず注文した「ハムレット」。何でハムレットなのかと訊かれても「何となくタイトルがいいなあ、と思って…。」という阿呆な答えしか思いつかない状態。

Hamlet (New Folger Library Shakespeare) Book Hamlet (New Folger Library Shakespeare)

著者:William Shakespeare
販売元:Washington Square Pr
Amazon.co.jpで詳細を確認する

けれど、シェイクスピアの作品の分析も評価も置いておいて、まずは劇場に足を運んだ当時の人々のように、まあ分かるも分からないも気にせずに、頭からばりばり食べていこうと思いました。

さてさて、物語はどんな風にはじまるのかなあ。

お、見張り番の交代からか…。(こういうときは何か事件が起こるのよね)

"Enter Ghost."

うわ、展開はや! もう事件が。

"Ghost exits."

あれ、いなくなっちゃった。うーん、それにしてもだんだん登場人物の会話が長くなってきた。何言ってんだか分からないところもあるよー。ト書きは分かるんだけどねぇ。

―― 話は変わりますが、ここジョージアも秋、すばらしい季節となりました。いつもの窓際ソファでの読書がいちだんと心地の良いこの頃です。木々が太陽の光を和らげてくれてふんわり暖かく、窓を開けると風がさらさらと入ってくる。その拍子に鳥の声なんか聞こえたりして…。母の送ってくれた緑茶を友に、本のページをめくりつつ。お気に入りのピアノ曲を小さな音でかけながら…。

―― ―― ……… Oo。。( ̄¬ ̄*) ZZZZZZZZ

あ。

寝ちゃった…。

というわけで、ばりばりのばの字も味わう暇なく挫折してしまいました。また「聖書」の二の舞は踏みたくないので、今回はさくっと日本語の本を取り寄せちゃいました。

こちら→

ハムレット (新潮文庫) ハムレット (新潮文庫)

著者:福田 恒存,シェイクスピア
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして平行して読んでいきました。結果、あっという間に終わってしまいました。実は夢中になって読んでました。日本語の助けが大きかったと思いますが、物語を読む喜びをたっぷりと味わえた気がします。解説やら評論やらを前もって読んでおかなくてよかったなあと心から思いました。自分を責めたり、感情的になったりするハムレットが、妙に悟りを開いたようなことを言ったり、けっこうあっさりと家臣の一人を刺してしまったり、そのずれ具合が興味津々でした。それから日本語訳の読んでいて気持ちの良いこと、愉快な気分になっちゃいました。戯曲ですから、当たり前なのですが、やはり英語ででも日本語ででも、一度は舞台で「声」でこの作品を味わってみたいです。

さあ、ここまで波に乗れたらしめたもの。「リア王」も「マクベス」も「夏の夜の夢」だって挑戦だ!と思ったのですが、日本語の本はこちらで買うと高いので…(汗)。けちくさいようですが、手元にある「ハムレット」をもう少し深めてみようと思います!ヾ(´▽`*;)ゝ"

”それでも、この辛い人生の坂道を、不平たらたら、汗水たらしてのぼって行くのも、なんのことはない、ただ死後に一抹の不安が残ればこそ。”

”来るべきものは、いま来なくとも、いずれは来る―― いま来れば、あとには来ない―― あとに来なければ、いま来るだけのこと―― 肝腎なのは覚悟だ。いつ死んだらいいか、そんなことは考えてみたところで、誰にもわかりますまい。所詮、あなたまかせさ。”

もう少し「ハムレット」を深めるにあたって、力を借りようと思うのが、iTunes Store に新しく加わったサービス、iTunes U。こちらでは主にアメリカの大学の講義を聴くことができるようです。

Stanford大学の「The Literature of Crisis」というコース(くわしくはこちら)に「ハムレット」の講義があることを発見。聴いてみることにします。講義要綱(syllabus)も取れるし、すっかり自分も学生になった気分♪(かなり無理がありますが)

ちなみに「このコースを始めるにあたって」みたいな講義の回(Course Ideas Overview)と読んだことないくせに「Oedipus the King」の第一回を聴きましたが、なんだか年甲斐もなく学問を志す若人のような気分になってジーンとしてしまいました。何回も聴き返せるし、他のコースでも興味があるものはトライしてみようかなーなんて思っています。

今回はゆる~い文章で「深読み」への道(その四)をお届けいたしました。しばらくは肩の力をぬいて(あ、でも寝ちゃわない程度に)「ハムレット」の講義に耳を傾けてみようと思いますヽ(*゜∀゜*)ノ

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (予想をうらぎって夢中になれたシェイクスピア。よかったらクリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

Unless

「Unless―― もし~でなかったら…」 人生でそんな風に思うことありませんでしたか。

Unless (Fourth Estate) Book Unless (Fourth Estate)

著者:Carol Shields
販売元:Fourth Estate
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 320ページ

地元の図書館では皆、私が誰かを知っている。誰もじろじろ見たりはしないけれど。私の名前が「Rita Winters」で、夫は医者で、トロントに近いオンタリオ州のこの町で、古くて大きな一軒家に住み、三人の娘がいて、作家であり翻訳者であることを、皆が知っている。

そして、一番上の娘「Norah」がかわいそうな状況にあること、―― 19歳の聡明で美しい彼女が、一緒に住んでいる恋人と別れ、突然大学を退学し、行方が分からなくなったと思ったら、トロントの街角であぐらをかいて座り、「Goodness(善)」と書いたボール紙をぶらさげ、コインをもらうための器を前に置き、物乞いをはじめたこと ―― を誰もが知っている。

私の日常はそれでも動いてゆく。翻訳をし、二番目の小説に着手し、友人と喫茶店でおしゃべりをし、夫と他の二人の娘との生活は続いてゆく。文句のつけどころのない、充実した幸せな生活。しかし、Norahのことが頭から離れることはない。

―― なぜ、娘は急にあんな物乞いみたいなことをはじめたのか。「Goodness」って一体どういう意味なのだろう。44歳の母であり作家であり、女であるRitaが「Goodness」とは何か、人生とは何かを探し求める物語。

作家について

1935-2003 アメリカ、イリノイ州で生まれる。1957年結婚後、カナダに移住。詩や短編を本格的に書きはじめる。1975年Ottawa大学の英文学MAを取得。娘四人と息子一人を育てる。1993年に出版された「The Stone Diaries」でピューリッツアー賞を受賞した。(詳しくはこちら

感想

この本は面白かったのですが、それを書き表すのが難しくて、さっきから書いたり消したりしています。だいたい、あらすじもあってないようなものなのです。

ある章では、友人と喫茶店に行っておしゃべりします。ある章では、Ritaが書き始めた小説の登場人物が出てきます。ある章では、奥さんに出て行かれた古くからの友人が、ある章では…。

いえいえ、面白いのはそんなところではないのです。

全編を通して、Ritaが何をしていても、どんなことを考えていても、その奥底には「Norah」がいます。「Goodness」という言葉が横たわっています。そして、悲しいことに物語が進んでも母親とNorahとの距離が縮まっていく気配はありません。

印象的なシーンの一つに、Ritaが仲間と行ったレストランのトイレで落書きをするというシーンがあります。

"My heart is broken."

作家であり翻訳家である彼女が、この言葉をトイレで人知れず、落書きします。そしてはじめて自分がとても解放された気持ちになります。このちょっと笑っちゃうところまでいく、やりきれなさ。Ritaが負っている傷の深さを示された気がしました。

そう、この小説は、RitaもNorahも傷ついているのに、それが笑っちゃうくらいからっと書かれています。

Norahが最後に家で、Ritaである私と交わした会話。

"Try to explain." I said.

"I can't love anyone enough."

"Why not?"

"I love the world more." She was sobbing now.

"What do you mean, the world?"

"All of it. Existence."

"You mean," I said , knowing this would be sound stupid,

"like mountains and oceans and trees and things?"

「私は完全にどうしたらいいか分からないんだわ。寂しいんだわ。傷ついているんだわ」という自覚をもって、自分自身を眺めている妙な冷静さが、変におかしくて、それがやりきれなくて胸を打ちます。

自然に流れていくように思われる章だてですが、トイレの落書きのシーンのように、個別の出来事が、やがて心に一つ一つ石を積み上げてゆくようにだんだんと重たくなり、じわじわと効いてきます。ただ、それがもしかしたら、あらかじめ用意されているというような印象、もっと言えば少しわざとらしいという印象を持つ方がいるかもしれません。

終わりのほうで、Norahの心の傷が明かされるところ(ここは私は好きです)を含めて、でもやっぱりどのシーンもこの物語に必要なのだなあ、と私は思いました。こういうときは、私は喜んで作者のわなに自分からひっかかっていきたいと思います!

事態は一見どんどん悪くなっていくようで、けれどほんとのほんとは、良いほうに向かっていくプロセスの一つでしかないこと、人生ではいっぱいあるのかもしれませんね。(*^-^*)

そういうわけでピューリッツアー賞を受賞したという「ストーン・ダイアリー」もいつか読むだろうなあと感じています。翻訳書が出ているようですね。うん、そっちを読もうかなあ。

"A life is full of isolated events, but these events, if they are to form a coherent narrative, require odd pieces of language to cement them together, little chips of grammar (mostly adverbs or prepositions) that are hard to define, since they are abstractions of location or relative position, words like therefore, else, other, thereof, ... .... "

ところで(。・o・。)ノ

このブログの洋書のジャンル、気がついたらものすごーくおおざっぱですよね…。本当に怖いくらい雑な区分けで申し訳ないのですが、ミステリ(ー)以外の大人向けの本は「文学」に入ってしまっているとお考えください。あと「YA(10代向け)」って、9歳からの本も入ってるんですけどーなんてどうか言わないでくださいね。大人向けじゃない向けの本が入っているとお考えください。Σ( ̄ロ ̄lll) ひどい、ひどすぎる。流行りの(もう終わったかも)「片付けられない女」みたいだわ。

あんまりジャンルを気にして読んでいないのです。(言い訳)面白そう!と思った本を読んでいるだけなのです。(更に言い訳)あー、もう「洋書」ってことで、ひとまとめにしちゃおうかなあ。(開き直り)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(最後のぼやきは置いておいて、もしも気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです。(*^^*))

A Place of Greater Safety

この物語の旅がとうとう終わってしまいました。読み終わりたいのに、いつまでもページをめくっていたいような、そんな気持ちで読書を続けてきました。

A Place of Greater Safety Book A Place of Greater Safety

著者:Hilary Mantel
販売元:Picador USA
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 749ページ

Robespierreは、横たわる母の顔を見て、母親が死んでゆくことが分かった。「母さんはもうすぐ棺に入るの。そして埋められるのよ」彼は母が声に出さずにそう言ったのが分かった。Robespierreが6歳のときだった。

母親が亡くなったあと、父親は家を出て戻らなくなった。子育てを放棄したのだ。祖父とおばが面倒をみてくれることになった。これ以後、Robespierreが人生のなかで両親について述べることは二度となかった。

すぐれた学才のあったRobespierreは、やがてルイ大王学院(Louis-Le-Grand)に通うこととなり、そこでCamilleと出会う。二つ下でわずか10歳の彼は、とても美しい少年だった。彼の吃音はRobespierreを落ち着かなくさせたけれど、誰にも心を開いてこなかった彼にとってCamilleは唯一の友達となった。

Camilleは学校を卒業すると、パリで弁護士として働くこととなる。同じ年頃の弁護士のなかに、めきめきと頭角をあらわしたやり手の男がいた。頬から唇にかけて醜い傷を持つ彼の名はDanton。

―― 1789年、フランス、パリ。

仕事をし、金を稼ぎ、はやく結婚をして家庭を持ちたいと考えていたDantonは、しかしCamilleを介して少しずつ革命の波へとのみこまれてゆく。多くの人望を集めた彼は、その力のある声を武器に革命を動かしてゆくことになる。

新しい時代への原動力となる多くの人たちをつなぎあわせたCamilleは、一方で人妻に恋をし、その気持ちは執着へと変わり、彼女の娘と結婚することを考え始める。

人との争いを好まず、人を傷つけるのも自分が傷つくのも恐れ、毎日をやりすごすのに疲れきっていたRobespierreは、多くの飢えた人々を救うために、革命に命をかける決心をする。

―― 果たしてフランスに革命は起こせるのか。彼らはフランスを「A Place of Greater Safety」に変えられるのか。フランス革命の時代を生きた三人の男たちの物語。

作家について

イギリス、Glossopで生まれる。CBE(大英帝国勲章)の称号を持つ。ソーシャルワーカーとして、ボツワナで5年間、サウジアラビアで4年間を過ごす。その経験を題材にして書かれた作品もある。(*彼女の書斎の写真を見つけました♪→こちら

感想

物語の主人公、マクシミリアン・ロベスピエール、カミーユ・デムーラン、ジョルジュ・ダントンは実在の人物です。三人は盟友同士であったことも知られています。

前半は彼らの子供時代が語られています。ほとんど事実が知られていないというこの時代の三人を、作者はおそらく綿密な調査をし、周到かつ自由な想像力でつくりあげています。そして人格が形成されるにいたるその芽を見過ごすことがなく拾いあげて書いているように感じました。

中盤、彼らがパリに集まるころから、私のページをめくる手が更にスローになっていきます。あちこちで繰り広げられる政治的な交渉、策略、行動をつかむのにじっくり時間をとりました。実在の人物がどんどん登場します。革命擁護派の貴族「ルイ・フィリップ二世」、革命の獅子「オノーレ・ミラボー」、ジロンド派「ジャック・ピエール・ブリッソー」、その派閥の女王「ロラン夫人」、人民の友と呼ばれた「ジャン=ポール・マラー」。インターネットで調べているうちに、そちらのほうに夢中になってしまうほど魅力的な人物たちが登場します。

また、三人の男たちの女性関係も大変おもしろい。Cammileと大恋愛の末に結ばれたとされるリュシル・デュプレシについて、歴史的に知られている事実と全く異なった捉え方で物語をおこしています。全体的に女性の描き方がとっても魅力的で、おもしろい、おもしろい。(とおもしろいを連発するほどおもしろいです。)

ここを乗り切ると、後半からはもうこの本にどっぷりはまりこみます。歴史上の事実として知られているラストも、やはり読むに値する、すばらしいドラマが用意されています。

注目すべきは語り口。多くの人たちが登場し、ときには一人称で語りだします。これだけ多くの人たちが、入れ代わり立ち代り現れるのに、その声に独自の色がありリズムがあり、はっきり書き分けられているところはすごいなあと思いました。

「自由・平等・博愛」をうたったフランス革命。同時にこの時代は、ギロチンとよばれる断頭台が多くの人々の命を奪った、暗黒の時代であったことでも知られています。そして世の中を少しでも良くしようと立ち上がった三人の主人公のうちの一人は、テロの語源となった”Terreur”恐怖政治の時代をつくったことでも知られています。

とつぜん話は変わりますが、世の中って、どうやら光(らしきもの)と闇(らしきもの)に分けられているように思います。

たとえば

成功者と敗残者、健康と病気、金持ちと貧乏、出世とリストラ、美と醜、もてる男とそうでない男、若い女とそうでない女、強気な人と弱気な人、おしゃれな人といけてない人、恋人のいる人といない人、友達の多い人とそうでない人…

闇がなくては光が分からない、と以前に書いた覚えがありますが、それでは闇は光を輝かせるためだけに在るのでしょうか。だいたい光だと思いこんでいるものも闇だと思いこんでいるものも、本当にそのものなのでしょうか。光と闇が逆転するとき、価値観が大きくゆらぐとき、光を輝かせている「闇」をもっと別の捉え方でつかめるかもしれない。

ブログを始めてから、繰り返し同じことを書いています。これが私の読書の(もしかして人生の?)大きなテーマなのかもしれません。私は、光らしきものと闇らしきものが一体何なのか、価値観がぐらぐらと揺らぐとき、そのときの人間というものにすごく興味があることを、この本は気づかせてくれたように思います。目指す場所がどんどんはっきりしてきました! ありがとう、Hilary Mantelさん!ヽ(^◇^*)/

この本は少々長いですが、世界史にまったく疎い私でものめりこめました。私は調べながら読みましたが、特に知識がない状態であっても十分楽しめると思います。ただ欲を言えば、ロベスピエールの人物像を中盤、もう少し掘り下げて書いてほしかったです。ごめんなさい、人間て欲望のかたまりなんです…。

Maximilien Robespierre, 1793: "History is fiction."

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (力が入りすぎて長い文章になってしまいましたが、最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。もしも気に入っていただけたら、クリックしてくださると嬉しいです(*^^*))

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »