« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

あの日

あの日、どこで何をしていたか、皆さんは覚えているだろうか。

私は家でテレビを見ていた。効果音にすぎない笑い声でにごるテレビの画面にニュース速報の白い文字が流れ、しばらくして全チャンネルがニュース番組に変わった。

急いで夫に電話をした。NYにいる夫は無事だった。

その後はテレビの前で、観光名所でもあるあのビルが崩れてゆくのを茫然として見ていたのを覚えている。

飛行機が建物につっこむ様子が何回も流れる。何度見ても、私には信じられなかった。

二週間後に暮らすことになる街が画面の向こうで大変なことになっている。

けれどテレビに映る悲惨な事件は、

あまりにも遠く

あまりにもとっぴょうしもなく

あまりにも絶望的で

あまりにも、あまりにもまるで映画なのだ。

お茶をすすりながら見ていたテレビの中の街へ、私は二週間後に降り立つことになる。

NYは予想以上に普通だった。人々はおおぜい出歩き、グランド・セントラルから列車に乗り、ロックフェラー近くのレストランで話し込み、夜のブロードウェイで騒いでいた。

晴れた昼下がり、私はアパート近くのスーパーに買い物に出かける。通り道の消防署にたくさんの花が供えられている。ここの消防士たちの多くが、救助のために建物のなかに入り、亡くなった。笑顔の写真の横にメッセージのボードが置かれている。恋人から、妻から、子供から。私は信号を待つ間、それらを一つ一つゆっくり読んでいく。彼らの写真を、順に眺めながら。信号が変わると、私は少し顔を上げて、早足でスーパーへ向かう。

私が「9.11」を実感できたのは、少なくとも実感できたと思えたのは、たぶんこの消防署だったように思う。あの年、あの時期にNYで暮らしたことは、偶然にすぎないのだけれど、確かに忘れられない何かを私のなかに残していった。

「あの日」は9/11であっても、なくてもいい。

ビルに閉じ込められた人たちを救うために亡くなった消防士はあなたの父親かもしれない。

つっこんだ飛行機に乗って命をおとしたのは、あなたの母親かもしれない。

同時に、

地下鉄にばらまかれた毒の液体のせいで、死んでいったのはあなたのお兄さんかもしれないし、

仲間はずれにされて逃げる場所もなくて、飛び降りたのはあなたの妹かもしれないし、

軍隊の攻撃に巻き込まれて、殺されたのはあなたの子供かもしれない。

そして、その銃の引き金をひくことになるのは、あなた自身かもしれないのだ。

_____

と、書いてから気がつきましたが、日本はもう9/12なんですよねー。なんだか、間抜けなタイミングになっちゃいましたがヾ(´▽`*;)ゝ" 、目を通していただいてありがとうございました!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しております。よかったらクリックしていただけると嬉しいです(*^^*))

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »