« 神さまのいるところ | トップページ | あの日 »

書を捨てよ、風を入れよう

八月の終わり、夏の終わり、夏休みの終わり、私の苦手な季節です。

だって何となく寂しいんだもの…(´-ω-`)

けれどここジョージアはいまだ40度近く、

冷房のきいた建物へと冷房のきいた車で移動、

感傷的な気分になる日本が恋しい今日この頃、

ぐうたら主婦の私が何をしているかといえば、夫いわく「ソファで置物みたいに動かない」状態で本を読んでおります。

amazonで注文した洋書が届くまでの間、しばらくぶりに日本語の本を(!)手にとっているところです。

というわけで今回は「読書」の話。それも日本語の。

ずばっと正直に恥ずかしいことを堂々と告白しちゃいますが

世に言う「文学」作品を(日本のものであれ、翻訳されたものであれ)私は圧倒的に読んでいません。

「国語」の教科書に出てきた作品も作家もとうてい読む気にならなかったし、

「文学史」とかいうテキストで名前だけ暗記させられた作品も作家も手にとる気になりませんでした。

思いもよらなかったというのが正解かもしれません。

教科書で読む小説も随筆も、テストに出るから線を引けとか、この指示語は何を指しているかとかにいそがしくて、「何を感じるか」ということとは全く無縁の場所にありました。

私の読書とは、自分だけの自由で楽しくて幸せな時間であり、勉強と結びつくものが入り込むなんて想像もできませんでした。「勉強は学校や塾でたくさん、本くらいは自分の好きなものを読もう」と思っていました。(というほど勉強していませんでしたが)

その結果どんな人間ができあがったかというと

だれも知らない小さな国(★1)で

動物語を話し(★2

メアリー・ポピンズが帰ってくるのを待ちわびる(★3

空想癖のある孤児で赤毛の女の子(★4

となり、

その成長は偏りを増し、さらに学術書や新書にほとんど手が伸びないまま、

檸檬(★5)より ばなな(★6

草の花(★7)より 秋の花(★8

国境の長いトンネルを抜けると、どうなるかより(★9

かえるくんが東京を救うかどうか(★10

が気になる人間になりました。

それが、何か違うなあと思い始めたのは何年前でしょうか。

世界の中心で、愛をさけべないし(★11

いま、会いにゆくことはできず(★12)、

野ブタ。をプロデュースする気力もわかないのです。(★13

食わず嫌いは度をこして、

蹴りたいのは背中なのに机の角に足をぶつけ(★14

エトもシヲンも遠い星となり、(☆15,16

このままでいくと

バッテリーを組む相手もいないから(★17

一瞬の風にもなれないと(★18

絶望的な気持ちになっています。

気がついたら、

本棚の蔵書は増えないし、埃をかぶったままの本ばかりという状態に。

そろそろ、私の大切な心の書庫を整理する時期なのかもしれません。

書庫の窓を開けて風を入れ、いらない本を思い切って処分し、また新しい本を棚に増やしていく時期なのかもしれません。

まったく違う読書をしたい。

最近その思いが強くなってきました。

学校で暗記させられたというだけで敬遠してきた作家たち。自分が興味がないという理由で避けてきた作品たち。考えてみれば、いとも簡単な理由で読みもせずに放棄してきたわけで、それってもったいないし、ただの怠惰だし、恥ずかしいくらいに傲慢だったのだと今更ながら思います。

もちろん本は楽しいのが一番、でももしかしたら頭を捻ってうんうん言いながら読む本もあるかもしれません。

読書は時間を忘れるほど熱中できるのが一番、けれどときにねばり強さを必要とする読書になるかもしれません。少しずつでも日本語の本は読んでいきたいと思っています。

といっても、今はジョージアに住んでいますので、引き続き和書より洋書を読むことに力を入れていきますよ!amazonから本が届くのが楽しみです♪

毎日暑くても、私だって読書の秋!(そして食欲の秋!)

チョコレートをつまみながら、濃いコーヒーを飲みながら、また本の世界に浸りたいと思いますヽ(*゜∀゜*)ノ

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ(ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしていただけると嬉しいです(*^^*))

« 神さまのいるところ | トップページ | あの日 »

コメント

nikoさん、お帰りなさいませ。ブログの再開で、また名文を読ませていただけるようになり、とても嬉しく思っています。
今日の記事に、同感!の思いです。
先日実家の物置を整理していたら、大昔に読んだ翻訳ものの小説を発見。中・高生の頃、わけもわからず背伸びして、筋だけ追って読んでいたのだなあ、と懐かしくなりました。なかの一冊が〈老人と海〉の翻訳本。ちらほらと線引きしてあることから記憶をたどってみると、どうやら、当時不真面目大学生であった私が、テスト前に芋づる式に覚えるための訳本だったようです。名訳の名高い作品に、なんたることを!(恥)その頃は、ヘミングウェイのダンディズムとかニヒリズム(?)とかがどうも好きになれなかったのですが、今になって、原作と翻訳本を読み比べてみようかな、と思っています。nikoさんがおっしゃるように、粘り強さが必要な読書になるかもしれないけれど、昔は苦手で放り出してしまった作品も、今なら、違う目で読めるかもしれない、とも。
nikoさんのブログに出会ったお陰で、谷川俊太郎さん、茨木のりこさんの詩集を手に取ることもできました。「現国」の時間に仕方なく覚えた萩原朔太郎、高村光太郎などの詩も、記憶の引き出しから引っ張りだし、味わいなおしてみたい、と思います。

こんにちは
えー!nikoさんは文学作品いっぱい読んでこられた方とばっかり思っていました。
でもnikoさんはまだお若いからこれからいくらでも!
私も子育てのころまではnikoさんと同じ、ところが今この年になって何を読んできた?と問われても答えようがなくほんとに恥ずかしいです。英語が読めなくなったら日本の文学作品を読むことにしよう。その時は・・なんか無理・・・ですよねやっぱり。
私にとってこれまでと違う作品に出合えて感謝しています。これからも楽しみにしています。

私もあんまり文学作品(古典)を読んでいなくて、いま、一生懸命読もうとしているのですが、なかなか進まず・・・でも、古典を読むと「こんなに面白いなんて!」と驚かされることが多いです。最初はとっつきにくいこともあるのですが、古典には読み継がれてきただけの理由があるなと思わされます。もっと若いときに読んでいれば、人生も違ったろうな戸思うんですが、その頃は読解力がなかったので、仕方ないかな・・・

nikoさん、お久しぶりです。そしてBlogへお帰りなさい!!
これからもnikoさんのアンテナがピピピっと色々なことを受信するのでしょうね。それを私がまた楽しみにしているのです♪
ビルの中で一日中数字を見ている私はたまにアンテナが受信不可能になることがあります。たいていは受信可能になる手段は本ですが、余裕がない・気が滅入る・体調が悪いときはお寺や神社に行ってパワーを頂いてきます。古典は最近、河出文庫の現代語訳古事記&日本書紀を読みました。注釈もなく読みやすくてお勧めですー。あ、時代が古すぎでしょうか(笑)

ももしっぽさん、お久しぶりです!
実はというか、もちろんというか、私はヘミングウェイ、翻訳本ですら読んだことないのです…(涙)。ももしっぽさん、ぜひまた感想など教えてくださいね。
確かに、学生のころはわけも分からず読まされていた作品を、今読み返したら、違う印象を持つかもしれないですよね。年を重ねることって、そんなに悪くない、むしろちょっと楽しみと思う今日この頃です。
「詩」は、私も最近もっと読みたいなあと思っているところです!これまた、若いころは全く興味が無かったのですが…。
ももしっぽさん、また今後ともよろしくお願いいたしますね!

さくらさん
本当に、まったく、文学作品て読んできていないんです(涙)。でもこれからだって遅くはない!むしろベストタイミング!と言い聞かせて(?)いるところです。ぜひさくらさんの日本の文学作品の感想も知りたいです!知的好奇心を失わずに読書をされているさくらさん、私もそんな風に年をかさねることができるといいなあ(*^-^*)…。

michiさん
私は学生のころ、実は古典は(も)苦手だったんですが、michiさんが「こんなに面白いなんて!」と思われることがあると知って、ちょっと挑戦してみようかしら、と心を動かされています。
「まったく違う読書をしたい」とやる気はふつふつ沸いてきているのですが、あまりに膨大な未読の名作があるため、どういう風に手をつけていこうか、とっかかりが掴めない状態です。もう少し考える時間が必要かな。

雫さん、お久しぶりです!
古事記!日本書紀!
もちろん読んだことありません(涙)。チャレンジしてみようかな。
>余裕がない・気が滅入る・体調が悪い
私もよくあります。やばいなあと自分で思うのですが、浮かび上がれなくなっちゃいます。原因がはっきり分かるときもあるし、原因があるはずなのに、奥底では分かりたくないのか、何となくもやもや不安に沈むときもあります。
雫さんはお寺や神社でパワーをチャージされているんですね。
心が柔らかい方は、つらいことを多く背負ってくれる代わりに、それを浄化するきれいな力を受ける感度も高いのかもしれませんね。
雫さん、今後ともよろしくお願いいたしますね!

nikoさん、こんにちは。(^^)/
検索エンジンでやってきました。

実は私も、学生時代は文学、ことに「日本文学」などというものは嫌いで、英米の推理小説や、内外のSF小説ばかりを読んでいました。
が、何を思ったか、社会に出てから突然夏目漱石、太宰治、川端康成…、と次々に「日本文学」を読みふけり、その面白さに惹かれていきました。

子供の時に読んでもあくびが出るだけだったその同じものが、成人してから読んだら面白かった、ということは、もしかしたら、これらの話しは子供には内容が難しいということなのかも知れませんね。(^^)

最近はペーパーバックばかり読んでいて、日本の本を読む時間がありませんが(^^;、時間ができたら今度は欧米の古典などを読みあさりたいと思っています。

それでは、また遊びに来ます。(@^^)/~~~

super源さん
はじめまして。私のブログにお越しいただき、ありがとうございます!
社会に出てから、日本文学を読まれたとのこと、確かに漱石の「こころ」を教科書で読んだとき、なんじゃこりゃって思ったのを覚えています。それからかなり苦手意識があるのですが、今読んでみたら少し分かるかもしれませんね…。
最近はペーパーバックを読まれているとのこと、いろいろお話できたらうれしいなあと思っています。この後、super源さんのブログにもお邪魔させていだきますね。また遊びにきてくださると、嬉しいです♪

nikoさん、遅ればせながらお帰りなさいませ♪お久しぶりです。またこうしてnikoさんの素敵な文章が読めるのが嬉しいです。

私も量こそたいしたことはありませんが、学生時代からあまり現代文学が好きになれず、近代の文学作品ばかり読んでいました。高校生の時に太宰にはまり、漱石、三島、谷崎、鴎外、遠藤、藤村、安倍公房あたりを好きで読んでいましたが、そのおかげでか現代作家の文章がなんとなく軽いような、味気ないものに感じてしまうことが多いです。それも食わず嫌いなんだろうなぁと、浅田次郎を手にしたらまんまとはまってしまった口ですし。^^ 単に好みの問題なのかも?笑
昔からずっと変わらずに愛される作品というのは、それなりの理由がある気がしますので、是非コレゾ!というお気に入りの作家を見つけて下さいね。読書はライフワーク。今から新しい分野にチャレンジするのも決して遅くないと思います。なので私も敬遠していた現代作家を読み漁ってみたいです。nikoさんの↑の文章、参考にさせていただきますね♪
外国文学に関しては、英語力の問題でつい現代ものばかり読んでしまっていますが、古典を含めまだまだ読みたいものだらけです。お互い頑張って発掘していきましょう♪

nikoさん、こんばんは。(^^)/
先日は、私のサイトに足を運んでくださり、ありがとうございました。(^-^)

また、私のサイト、気に入ってくださったようで、うれしいです。ヘ(^o^)ノ*
そうなんです。「Super源さんのダジャレ英語日記」は、楽しみながら、勉強になり、そして気がつくと英語の力がついている、というブログ作りを目指して、日々更新しています。

私の所は、リンク大歓迎です! どうぞ、ガンガン(?)リンクなさってくださいね。(笑)

PS あの後、checkしてみましたら、さくらさんの所でお会いしてましたね。気がつきませんでした。(^-^;ゞポリポリ

それでは、また遊びに来ます!(@^^)/~~~

mufferさん
お久しぶりです!mufferさんのブログの素敵な文章が忘れられず、あれからも時折、訪れていたりしちゃっていました(*^^*)。
そしてやはり予想通り、mufferさんは文学作品をたくさん読まれてきたんですね。読書はライフワーク、確かにそう思います!今から自分にとって新しい本をどんどん読んでいきたいなあと思っています。
mufferさん、新しいブログのほうにもまた時々遊びにゆきますね!今後ともよろしくお願いいたします♪

Super源さん
はい、Super源さんのブログ、本当に楽しく拝見しました!私はああいう学習法、大好きなんです。人生だって勉強だって、楽しむのが一番!ですよね。Super源さんのお名前は、さくらさんのブログのコメント欄でいつも拝見していました!こういう縁ができたこと、とても嬉しく思います。今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神さまのいるところ | トップページ | あの日 »