« 僕らは朝をリレーしている | トップページ | しばらくお休みします »

偉大なる教え

最近、母の教えの偉大さに気がつくことが多いので、母の日も近いことだし、その教え!を皆さんにもお伝えしたいなあと勝手に思って記事を書いております。

先日こんなことがありました。夫が南米出身の友達に、一緒にサッカーやらないか、と声をかけられました。夫は昔ちょっとだけサッカーをやっていたので、喜んで即参加。しかし、試合開始後10分で、方向を変えようと思ったら右足にばちっという音がはしったそうです。Σ( ̄ロ ̄lll)

話はちょいとそれますが、南米のお友達には「サッカーは子供のころ遊びでやってただけ」という方も多いみたいですが、皆さん体は強いし、プレーは激しいし、ボール使いもうまいそうです。ブラジルもアルゼンチンもサッカー強いはずですね…。選手層の厚さを実感いたしました、はい。

とにかく運動不足なうえに、そんな上手な人たちとプレーしたので、足のきんにくんもついていけなかったんでしょう。お医者さんの診断は「肉離れ」。しかも重度だったので、全治六週間。

松葉杖の力を借りて、びっこをひきながら、しょぼんとしている夫。予定していたことを、キャンセルしたり延期したりしなくてはいけなくなりました。

ここで、母の教えを娘が生かすときがやってまいりました。

夫よ、

「これも人生、 それも運命、 命がなくなるわーけーじゃーなーしー!!」

と歌舞伎調で、母の言葉に私のアレンジを加えて言ってみたところ、

夫は!

「……なに時代の人?」

(´-ω-`)ものすごくひいていました。

でも、少し顔が笑っていた(ように思える)ので、呪文が効いたものと判断しています。

この言葉を三回続けて唱えると、たいていのことは乗り越えられます。(ほんとです)

これでちょっと無理なときは、

これも人生、それも運命、どうせ命は尽きるもの

という私の勝手に創作した別のフレーズを使っています。時と場合によってこの二つを使い分けております。わっはっは(‐^▽^‐)(こらこら)

心配したり不安になったりする自分を止めることはできないけれど、そんな気持ちになっても事実は変わらないんだよ、心配したって仕方がないんだよ、と自分に言い聞かせるのに、ひじょーに効果的な魔法の言葉だと思っております。

それからもう一つ。

「馬鹿、馬鹿言うのが、一の馬鹿!」

という母の名言がございます。子供のころは「ば~か!」とからかってきた相手に言い返すときに使ってました。でも言い方が古くさいので、さらにばかにされちゃってたかも。ヾ(´▽`*;)ゝ"

最近は自分に対して言っています。

自分は何でも知っていると勘違いして(他人を馬鹿にして)

気がついたら世界一の馬鹿になっていないように。

自分のことを自分で卑下して(自分を馬鹿にして)

自分の力を信じることのできない馬鹿にならないように。

若いころは忘れていたけれど、やっぱり親の言葉は心にちゃんと残っているものですね。そしてピンチのときに私を助けてくれます。

「そんなことよりもっと大事なこと、たくさん教えたと思うけどねぇ」という母の苦笑が目に浮かびますが。わっはっは(‐^▽^‐)

さて、前回に続いて今回も私の好きな「茨木 のり子さん」の「自分の感受性くらい」という素晴らしい詩を一部引用させていただいて、きれいに幕を閉じたいと思います。

この詩を読んでいると「茨木 のり子さん」が私たち人類みんなの母親で、そのもう一人の母からメッセージを送られている気持ちになります。

”――

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ”

(この詩が掲載されている本はこちら→自分の感受性くらい

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。良かったらクリックしてくださいね(*^^*))そして、またまた記事の内容が関係ないですね…すみません。

« 僕らは朝をリレーしている | トップページ | しばらくお休みします »

コメント

こんにちは。全治六週間…重症じゃないですか。自分だったら「痛い!痛い!」と毎日数万回叫びそう。僕の口癖は、「痛い」ですから。
niko さんの旦那さんはエライですね。そんな状況でもウィットをもって返すなんて。
茨木さんの詩、ん・・・すぐ他人のせいにする僕には痛い・・・
それに、アノ自作の詩、本物の詩人さんのとは全然違いますね…当然ですが…

nikoさん、こんばんは!
nikoさんのブログは元気をくれると思っていましたが、その背後にはお母様がおられて、その気持ちをnikoさんがしっかり受けておられるからですね♪
私もnikoさんのように、母から受け継いだ素敵な言葉がたくさんあります(笑)
筆頭は「有り難うございます」だなぁ。
その次は「人は鏡、傷つく事を言われたら、きっと相手を傷つけている自分がいるはず。まずは自分を見直しなさい。自分の悪いところを見直せたら、相手のお陰と感謝しなさい」と言われて育ちました(笑)
完全にはできないけれど、もやっとしたら、やっぱりその言葉を思い出します。そのお陰でおおらかに生きてるような気がします♪
(変って言われるときもあるけど…)
茨木 のりこさんの詩は、すんなり私の中に入ってきて、とても嬉しいです♪
nikoさん、素敵な詩のご紹介、有り難うございます(*^_^*)
ご主人さまは幸せ者だ♪
そうそう、先日、祖母の抱擁でお寺に集まったとき、従姉妹が素敵な本を見つけたと言って紹介してくれました。
体験談的で、シンプルなのでみんなの指示を得ているようです。
日本では、口コミ大ブレークだそうな(笑)
今度、従姉妹から小冊子を送ってもらう予定です(笑)
船井幸雄さんも推薦しているようなので、是非一度読んでみたいと思います(*^_^*)
 ネット検索すると結構でてきたので、大筋が充分つかめます(笑)
「五日市 剛」でどうぞ検索してみてください(*^_^*)
私が従姉妹から聴いたお話しは、こんな感じでした♪
http://www.sysnet.ne.jp/~legato/yousin/yousinno_kai-24.htm
お節介かなと思ったのですが、従姉妹の話と重なったのでご紹介だけ(笑)

 母は祖母(父の母)が「他人のこというやちゃ(奴は)一のダラ(駄目な奴)」(富山辺りの方言?)とよく言うのを聞いたそうです。
 茨木のり子、私も好きです。nikoさんと共通体験があると思うと人生が明るく見えてきます。
 前回の記事、コメント、今回の記事から、私の授業や読み聞かせ活動の、私的キャッチフレーズを思いつきました。「2個(個人)3個とnikoをつくれ!」Help produce another niko!(失礼、でも、子供達も将来、nikoさんのように明るく、聡明で、偏りのない人になって欲しいという気持ちです。)
 

まさんたさん
こんにちは。まさんたさんは「痛い」と言わず、ただただピッコロのようにそこに咲いている花を眺めているのでは…。まさんたさんはいくぶん人生を達観されているところがあるような気がいたします(*^^*)。
私はすぐに周りのせいにして自分には甘いので、それでこちらの詩に余計にひかれたんだと思います。自分の足りないところを見ないふりしていたんですね、情けないことに…。そして加えてまさんたさんのあの「詩」のようなものは私には書けません(涙)。そういうセンスもまた足りないんですよね…。本気でうらやましいです(*^-^*)

びっちゃんさん
こんにちは。びっちゃんさんのお母さま、大きい方ですね。私はここまで人生を費やしてようやく気がついたんですが、本当に「人は自分の鏡」なんですよね!(気がつくのが遅いですが)何でこんなに傷つくんだろうと思ったときは、自分を点検してみることにしています。前にびっちゃんさんのブログを、コメントで「楽しくて優しい」と書かせていただいたことがありますが、本当に楽しんでいる人も本当の意味で優しいという人も、実は社会にはそんなに多くはいないんじゃないかと思っています。そういう人になるのは難しいからです。びっちゃんさんのブログを正確に表現できたし、まちがってなかった!と改めて思いました♪
紹介いただいたHP読ませていただきました。かゆいところを「孫の手」が探しあてた瞬間、という感じです。心がついてくる言葉を使えるようになりたいです。紹介していただいて、本当にありがとうございました(*^-^*)

philjoyさん
>「他人のこというやちゃ(奴は)一のダラ(駄目な奴)」

この言葉を声に出して読んでみました。力のあるエネルギーにあふれた言葉ですね。日本語をつかう日本人に生まれてきて本当に良かったと思う一瞬です。「茨木のり子」さんは「私が一番きれいだったとき」という詩が教科書に載っていて、それで知りました。でもあのときはほとんど響いてこなかったんです。大人になってからのほうが磨かれる感受性もあるんでしょうか(*^-^*)
philjoyさん、私はポケーっとしているくせに自意識が強く、実生活に役立つ知恵が今ひとつ足りない子供でした…。こんな子供が増えちゃったら、おおごとです!前からphiljoyさんが「英語」や「読み聞かせ」を通してもっと大きなことを子供たちや生徒さんに伝えていきたいんじゃないかなあと思っていました。偏差値教育の真っ只中でそだっったので、philjoyさんのような先生に出会えていたらなあとブログを拝見するたびに思います。

しばらくお休みなのですね、淋しくなりますが再開を楽しみに待っていますね。
何度かコメント書き込んだのにいつの間にか消えてしまっています。
たぶん私のほうの接続の問題かなと思います。茨木のりこさんの詩と、<自分は何でも知っていると~>の4行を忘れないようにしょうと思っています。
お元気で!

さくらさん
コメントありがとうございます!ゆっくり更新なうえに、しばしば小休止の入るこのブログをいつも見てくださって本当にありがとうございます。コメントが消えてしまうのですか!?私もブログ初心者なので原因はよく分からないのですが、こちらのサービスのほうも、もう一度チェックしてみますね。このコメントが消えずに残ってよかったです!ヽ(^◇^*)/ 時間のあるときに、さくらさんのブログを引き続き拝見させていただきますね。また私のブログでもお会いできるよう、がんばって早めに復帰したいと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166513/6379267

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なる教え:

« 僕らは朝をリレーしている | トップページ | しばらくお休みします »