« The League of Frightened Men | トップページ | 「深読み」への道(その三) »

ワシントンD.C.

ワシントンD.C.へ行ってまいりましたヽ(*゜∀゜*)ノ

もうちょっと詳しく書きます。アメリカ合衆国の首都、どこの州にも属さない連邦政府直属の特別区、その名もワシントン・コロンビア特別区へ行ってまいりました!

そして、夫は別の用事で昼間いなかったので単独で観光しました。

ということで、今回も「天才的な下手さ」と呼び声高い(?)私の写真をご覧ください。

大統領官邸「ホワイトハウス」!

Washintoninoshishi_071_1

ワシントン・モニュメント!(初代大統領ジョージ・ワシントンの偉業をたたえて造られたそうです。)

Washintoninoshishi_056_4 

ワシントンD.C.には「スミソニアン協会」(くわしくはこちら)が運営している、素晴らしい博物館&美術館郡があります。しかも、全て無料!

「国立航空宇宙博物館」では、巨大なロケットに開いた口がふさがらず…

Washintoninoshishi_086_2_2

「国立自然史博物館」では、動物や恐竜の生態に、ほかの子供たちと一緒に見入り…

Zou078_2_2

「ナショナル・ギャラリー」(国立絵画館)では、ルノワール、モネ、ロートレック、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌ、そしてカサット(くわしくはこちら)の絵を前に心の洗濯…。

正直言って絵はよく分からないのですが、自分の気に入った絵をじっと見ていると、歩き回って疲れた体に何となく力をもらえるような感覚になりました。気がついたらほとんど毎日寄っていました。

(でも、この辺からは夢中になってカメラはバッグに入れたまま…。(´_`。))

そして何といっても一番心に残ったのは、「ホロコースト記念博物館」です。ここには、ナチによるユダヤ人への迫害、虐殺の実態が映像、写真、資料、遺留品をまじえて展示されています。「the book thief」という本を読んだこともあり、展示のひとつひとつに心を揺さぶられました。

本に出てくる「焚書」や「パレード」についてのコーナーもありました。ユダヤ人が多くの命を奪われただけでなく、心をつぶされていった過程に涙が出ました。

「私はけがれた血の人間です」(私の意訳です)と書かれたプラカードを首から吊り下げて、通りを歩かされている男性。

ひと目でユダヤ人だと分かるように黒と白の縦じまの服を着せられ街角にたたずむ少年。

収容所行きのトラックに詰め込まれた人々の凍った目。

管理するために番号の刺青が彫られた、たくさんの腕。

明らかにリンチによって殺されたであろう若者。

見世物として街中で首をつられている女性。

まるで「物」のように積み上げられた死体の山。

収容所で生き延びた人たちの証言を集めた映像を見ました。一人の白髪の男性が言います。(私の意訳です)

  家に戻れてからも、本当にあの日々が終わったのか実感が持てませんでした。

  一日中働いて家に帰って、ひとくち、ふたくち、お酒を飲みます。

  それから声をあげて泣きます。

  毎晩、毎晩、泣きました。

  自殺してしまいたかった。

最後に彼は涙を浮かべて、かすれた声で言います。  

  but, I can't.

人間が人間であることを踏みにじられた人々の悲鳴が聞こえてくる展示でした。

なかに、ナチス率いるヒトラーを人々が熱狂的に支持している映像もありました。笑顔で旗を振っている人たちを見ているうちに「こんな時代もあったんだ」では済まされない何かがあるように思いました。

私たちは、どうも大きな物事ほど、重要な物事ほど、判断を誰かにゆだねたくなる傾向にあるようです。テレビで見聞きしたことやえらい人が言っていることを、問題が重たければ重たいほど、うのみにしてしまうことが多い気がします。

自分の周りにいる人にいじわるをしてはいけないことは判断できるのに、

国を守るために戦争はやむを得ない、などと言われると、とたんに周囲を見回して何が正しかったんだっけ? と心もとなくなったりします。

どんなにたくさんの理屈を並べられても、最後には自分の「心の声」がきちんと聞こえる人間でありたいと思いました。

さて、ワシントンD.C.は桜の名所。ちょっと期待していたのですが、残念ながら少し早すぎたようです…。けれど、来た日からポカポカ陽気、一人ですから、疲れたらのんびり博物館郡の間に広がる芝生を見渡せるベンチに腰をおろし、道行く人を眺めたり、本を読んだり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグをほおばったり。

たくさん感じて、たくさん考えた、しみじみ一人観光。たまには、こういうのもいいですね!ヽ(^◇^*)/ 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 本ブログへ (ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてくださいね(*^^*))

« The League of Frightened Men | トップページ | 「深読み」への道(その三) »

コメント

nikoさん、こんにちは。無料のナショナル・ギャラリーってありがたいですね、いいなあ。

 今朝のニュースで、イラク戦争の負傷兵の傷の手当で、兵士が「カビが生えて壁に穴があいている病院に入れられた。」とインタビューに答えていました。

 私は小学生の頃、社会科見学で長崎市内の原爆資料館へ行きました。当時は「怖い、気持ち悪い」という感想しか持たなかったのですが、年を重ねてみると戦争は人間を簡単にマインドコントロールできるのだから、結果は勝っても負けても悲惨なものだから誰も人殺しに加担しなくなったらいいのに、No more warとみんなが言えたらいいのにと思えるようになりました。少しは成長したかな。

「私たちは、どうも大きな物事ほど、重要な物事ほど、判断を誰かにゆだねたくなる傾向にあるようです。テレビで見聞きしたことやえらい人が言っていることを、問題が重たければ重たいほど、うのみにしてしまうことが多い気がします」

この言葉、本当にそうですね。専門家や政治家、権力者たちがいうことに惑わされて、本当に自分がどう思うのかということが、分からなくなってしまう・・・The Book Thiefを読みながら、もし自分がドイツ市民として生まれたとして、果たして今こうして読んでいるような判断ができるのか?一緒にユダヤ人に罵声を浴びせたり、侮蔑したりしていたんじゃなにかといろいろ考えさせられました。

生き延びても、決して楽に、幸せな生活を送れるわけではなく、いや、むしろ生き延びたからこそ、辛い思いを味わいながら生きていかなければいけない・・・。死んでしまいたいけれども、死ねない辛さを抱えながら生きていかなければいけない・・・戦争で犠牲になるのはいつも普通の人々。なんの益ももたらさない、むしろ生きても死んでも、勝っても負けても、傷をもたらす・・・一人一人が、流されずに自分の心の声を聞いていかなくてはいけませんね。

ローズマリーさん
私は絵のことはあまりよく分からないのですが、無料であれだけ有名な画家の絵を、間近で見られるのって本当に幸せだったなあと思います。日本は絵の前に線のようなものがひっぱってあって近寄れないようになっているような記憶があります。
「no more war」、シンプルで当たり前のこの言葉を世界中の人たちが口にしてくれたらと私も祈るような気持ちで思いました(*^-^*)

michiさん

私もあの時代に生きていたら、きっと流されてしまった自分がいたのかもれません。これからの未来は、政治家やマスコミではなく、私たち一人一人が主体的につくっていこうという気持ちを持たないとなあと思いました。ありふれた暮らしを営む普通の人たちの素朴な優しさやちょっとした勇気が時代を動かしてゆけるといいなあと思います。(*^^*)

nikoさん
コメント有難うございまし!今回の本をあまり楽しめなかったのは、忙しさのせいにしょうと思えて次の本手配しました!
こんどはnikoさんの紹介されていたものに、と決めていたんですよ。

いつも思うのですが文章力素晴らしいですね(なんかこんな言い方しか出来なて・・)。いつもは、絵を見た後のようにカラーの残像が残ります。

でも今回ばかりは・・。私の世代は戦争をほんの少し知っていて、それゆえに目をそむけてしまうところがあったのですが、やっぱり誰もがしっかり見ないと、と思いました。

コメントありがとうございます。(*^^*)戦争を知らない私でも、無理やり首を回し、目を向けるような気持ちで展示を見ました。戦争の時代を少しの間生きてこられたとのこと、私のような甘えた世代の記事にきちんと目を通して読んでくださったこと、とても感謝します。ありがとうございました。

nikoさん、おはようございます。
ワシントンというだけで頭の中にドラマ「ホワイトハウス」の音楽が流れました。
ベタです(笑)ワシントン、一度は行ってみたいと思っていましたが、今ではなかなか実現できません。

ホロコースト記念館の記事、the book thiefを読んでいるせいか余計に胸がしんとなりました。まだもう少し残っているのですが、記事に書かれている"but,I can't."の部分が本の中にもあり、強く印象に残っています。
これは今まで色々な本や映画にもなかった印象です。昨日もお風呂の中でこのことを考えていました。

nikoさん、
「ホロコースト記念博物館」の感想を読ませていただいて、nikoさんの思いをしみじみ反復してしまいました。 折りしも、イラク戦争4周年、イギリスではイラクを特集した報道がいくつか続きました。いろいろと考えることがありました。
ところで、私も一人観光を時々楽しんでいます。 家族はいまさらロンドン観光でもないだろう、と言うので、私一人で時々汽車にのって、学校のお迎えまでの短い時間ですが、ロンドンを歩いています。
アメリカのnikoさんのお昼は、ホットドックなんですね。こちらは、やっぱりサンドイッチです。でもこのごろ、お寿司やら和式弁当を食べているイギリス人をよく見かけるようになりました♪ 

雫さん
「ホワイトハウス」の音楽!そうだ、それがあったんですね(*^^*)ツアーの団体さんがにぎやかだったので、雰囲気がなごやか~な感じで、あの曲が浮かばなかったです…。どっちかというと、ディズニー系の曲が頭でまわっちゃっいましたo(TヘTo)
「the book thief」は私にとってしばらく心が痛んで抜け出せなかった本です。雫さんの胸にのこる場面や言葉、どんなことを思ったのか、知りたいなあと思いました。

Dillさん
イラクを話題にした番組は、こちらでもよくやっています。(ブッシュ大統領の四周年の声明も含めて)Dillさんと同じで、色々な気持ちが自分の中にわいてくるのが分かります。
Dillさんも一人観光されるんですね。ロンドンをぶらぶら散策、特に春めいてきた最近は素敵でしょうね!アメリカはホットドッグとかハンバーガー、ピザが多いですが、ヘルシー志向が強くなったのか、日本食をたべる人を見かけるようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The League of Frightened Men | トップページ | 「深読み」への道(その三) »