« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

The Burn Journals

The Burn Journals (Vintage) Book The Burn Journals (Vintage)

著者:Brent Runyon
販売元:Vintage Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 325ページ

作品区分: YA

14歳の少年、Brantは、今日も黒づくめの服で学校へ向かう。黒が好きだから。バスでは一番後ろに座る。Coolなやつが座る席だから。IQテストで点数が良く、GT(Gifted and Talented)というプログラムへ入れられたけど、いやになって止めた。Coolじゃないから。今年に入って成績は落ちているけれど、仲の良い友達もいるし、女の子にも、もてなくもない。

しかし、ある日Brantは、自宅のバスルームでガソリンをかぶり、マッチで火をつけ、焼身自殺を図る。命はとりとめたものの、全身の85%の皮膚が焼け爛れるという大惨事となった。

皮膚移植の手術を繰り返す毎日。紫色の皮膚にフランケンシュタインのような赤い傷跡が浮かぶ。理解のない看護士やセラピストの言葉、周囲の人たちの視線に傷つく日々。しかし、世の中に対して斜に構える態度をなかなか改めることができない。

――作者の実体験を基にした14歳の少年の自殺から命をとりとめ、日々の暮らしを取り戻していくまでの物語。

作家について

作家Brent Runyonは、自身の実体験をもとに書いた本作品がデビュー作。

本作品のサイト→ http://www.burnjournals.com/content.html

感想

Brantが、あまりにもあっけなく自殺を図ることに少なからずショックを受けました。命をとりとめた後も、彼は看護士や周囲の人間に腹を立てたり、セラピストを困らせるような話を持ち出したりします。なぜ自殺を図ったのか、これからどうしていきたいのか、具体的な言葉は示されずに終わります。

けれど、読みすすめていくうちに、私がこの本に自分自身の価値観を押し付けていただけだということに気づかされます。友達も家族もいて、容姿も頭も悪くないBrant。他人からどんなに幸せそうに見えても、暗闇のぎりぎりのところで必死でふんばって生きている人間がいる、ということをこの本は教えてくれます。簡単に人間を分かったつもりでいてはならないことを、この本は教えてくれます。

作者自身の実体験をもとにして書かれた「自殺」についての物語ということで、その重たさに敬遠したくなる人もいるかもしれません。しかし「死」について書くということは「生」について書くということであり、「闇」をえがくということは「光」をえがくことであると、私は考えています。本とはそういうものであってほしいし、私はそういう本を読んでいきたいと思っています。

とはいえ、いささかエネルギーを吸われる本なので、気力のあるときに読むことをお勧めいたします。

さて、先日のサンクスギビングには、夫の友人宅にご招待いただきました。

グレービーソースのかかったターキーとマッシュポテト、デザートにはパンプキンパイとピーカンパイをいただきました。ヽ(^◇^*)/ 

ピアノのある素敵なおうちに、美しい奥さまと天使のような双子ちゃん、知的なお母さまと明るく優しい親戚のみなさん。ドクター・ペッパーやコカ・コーラ(ダイエット何たらってやつですね)を飲みながら、恒例のアメフト観戦。アメリカン・スウィート・ホームを体験してまいりました!(*゚▽゚*)

そして翌日のブラック・フライデーは、大セール開催日!!近所のショッピングモールのセールは何とAM5:00~。AMですよ、みなさん、AM!

起きれないってば…(´-ω-`)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

To the Power of Three

予想以上のジョージア州の寒さに風邪をひいてしまいました。が、この本を閉じられず、ついつい夜更かしに…。長い夜に、こんなミステリーはいかがでしょうか?

To the Power of Three Book To the Power of Three

著者:Laura Lippman
販売元:Avon Books (Mm)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ページ数: 416ページ

作品区分: ミステリー

Josie、Perri、Katの三人は、誰もが認める、小学校からの十年来の大親友。そんな三人が通うボルティモアにある高校で銃声が鳴り響いた。殺されたのはKat。Josieは右足を撃たれ、銃を撃った犯人と目されるPerriは、自分を撃って意識不明の昏睡状態だった。駆けつけたLenhardt巡査部長は首をかしげた。女子トイレは内側から鍵がかかっており、二つの個室にも鍵がかかっている。他に誰かいたのだろうか?

Katは学校中の人気者で、成績も良く、美人で、誰にもわけへだてなく優しく、さらにこの町をつくったとされる宅地開発会社の社長の一人娘。Perriは、いつも面白いアイデアで人を笑わせる、ドラマ・クイーン。Josieは、運動神経が抜群で、スポーツ選手として奨学金での大学入学が決まっていた。

Lenhardtは目を覚ましたJosieに、何が起こったのか聞き取りを開始するが、彼女は「黙ってPerriが入ってきて、私たちを撃ち、そのあと自分を撃った」と答えるだけ。LenhardtはJosieが何か隠しているのではないかと考える。去年から三人の仲がぎくしゃくしはじめた噂を聞き、周囲の人間から情報を収集しようにも、要領を得ない言葉ばかり返ってくる。

――あの日、女子トイレの中で何が起きていたのか? Perriはなぜ撃ったのか? 三人の他に第四の人間がいたのか? 最後までページをめくる手が止まりません…

作家について

作家のLaura Lippmanは、十二年間「ボルチモア・サン」紙の報道記者をつとめ、その後作家に転身する。「Tess Monghan」シリーズ(私立探偵テス・シリーズ)では、アガサ賞、エドガー賞、アンソニー賞など、各賞を総なめにした。本作品はスタンド・アローンもの(単独作品)。

公式サイト→ http://www.lauralippman.com/

感想

この作品では最初に事件が起こり、その後ほとんどは三人の女の子の描写に費やされています。そして子供たちを育て形づくっていく、周囲の大人たちの描写にもページが費やされています。作者は、彼らをどういう人間か決め付けるような言葉は使いません。ただ、彼らがどんな会話をし、どんな場所へ行き、何を考え、何をしているのか。それを具体的に淡々と書き連ねていきます。多くはこの事件と直接関係ないようなことばかりです。けれど人の死に、家族や友人や関わった人の行為が全く無関係であることなどないのかもしれない、と本を読んでいるうちに思い込まされていきます。現代のさまざまな問題もうまく取り入れられていて、読み進めていくうちに、三人の女の子をはじめとする、登場人物たちの姿がどんどんクリアになっていき、ひきこまれていきます。

またその事実の明かし方がうまい!(って私に言われたくないと思いますが)徐々に、薄皮をはがすように核心にせまってゆきます。さすが賞をたくさん取っている作家だけありますね!(って私に言われたくないと思いますが)2005年に出版されていますが、いまどきのテレビ番組や映画、お店の名前などがたくさん出てきます。アメリカの情報がこれだけ流れてくる現代、そういう単語もアメリカ豆知識的な要素として楽しめるのではないかと思います。

私は、人間の中には得体の知れない、どろどろとうごめく「何か」が住んでいると思っています。それに気づいていない人もいるし、気づかないふりをしている人もいるし、それに取り込まれている人もいるし、それを消し去ったり、それと調和できている人もいると思います。けれどその「何か」は時として、人を死に至らしめたり、壊してしまうことがあります。良いとか悪いとかの判断はできないほどの、その「何か」が知りたくて、私は本を読んでいるのかもしれません。(他の理由もありますが)作者のローラ・リップマンは、「ミステリー」あるいは「サスペンス」の分野の本作品で、それを書こうとしたのだと、わたしは思います。

ところで今朝、ここジョージア州は華氏35度だったですよー。摂氏約1.6度のことです(´-ω-`)。暖房がんがんかけております。なぜに南部というだけで暖かいと思ったのか、単純な自分が情けなく思う今日この頃。

でもおかげで風邪は治りました(^∀^)ゞ

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

洋書と英語

洋書を読んで、私の英語力に変化はあったか (。・o・。)ノ

さて、前回の続き。 CNNがお経のようにしか聞こえず、NYでは人から話しかけられても作り笑いで逃げていた私。けれど、洋書を読む楽しみは消えることなく、日本に帰ってからも休み休みではありますが読み続けていました。

そして、またまた英語の国へ行くことに...

2006年9月、アメリカ南部ジョージア州へ。

さて今回は?

アナタノイッテルコト ナントナークワカリマースヽ(^◇^*)/ 

テレビで話している人の英語が、理解できない音の羅列じゃなくて、単語ごとに浮いて聞こえてきます。ドラマを見ていても、以前は「何でここで笑い声が入るの?」と思っていたのに、今は笑うわけが分かるように。

もちろん100%ではありません。この前「Law & Order」を見ていたら、何言ってるのかちんぷんかんぷんでした(´-ω-`)(だって、みんなボソボソしゃべるんだもん

スーパーやコーヒーショップの店員さんの言っていることも分かるようになりました。訊かれるパターンも、慣れてきて分かってきたし(*゚▽゚*)

さらに、旦那さんがパーティなどで、友達を紹介してくれるときがあるのですが――。

うん、分かるよ、分かる!相手が何を話しているのか理解できます。 しかも思った以上に自分も会話を返せる!楽しいo(*^▽^*)o♪

私は、NYから帰国した後の4年間、英会話教室などにはいっさい通っていません。やっていたことといえば、洋書を読むことだけ(後は翻訳学校に約一年半通っていました)

そうです。私の場合、洋書を読むことで英語の力が上がったんです。分析するに、本を読むことで単語や言い回しを吸収できて、それで聞こえるようになったり、話せるようになったりしたんだと思いますが、本当のところはどうなのか分かりません。

けれど、あくまでも何となーーーく分かるというレベルです。いきなり予測のつかないことを話しかけられると、相変わらず「はてな?」Σ( ̄ロ ̄lll) 状態です。

話すほうも同じ。何となーーーく、ごまかしごまかし話せますが、準備もせずに自分の意見をきちんと述べるような長いセンテンスを話すことは、相変わらず「どうしましょう?」Σ( ̄ロ ̄lll) 状態です。

考えてみると、もっと合理的に短期間で英語力を伸ばす方法は他にあるのではないかと思います。けれど好きなことを、こつこつマイペースに続けていくことで、英語の力が伸びたので、これはこれで私にとっては良い学習方法だったと思っています(*^^*)

もっともっと英語を話せるようになりたい! 聴けるようになりたい! 夢はどんどん膨らんでいきます。NYのときのように英語学校に通っちゃおうかなあ。発音矯正のクラスもとりたいなあ。(*゚▽゚*)ワクワク

けれどここで、現在のいちばんの目標を、自分が見失わないためにも書いておこうと思います。

もっと深く、ちゃんと英語の本を読めるようになりたい

読めるようになりたいんです!!(TT0TT) ダーーッ

どうせだったら、いちばん情熱を感じていることに、自分の人生の時間をあてたいです。そのほうがHappyだし。ヽ(*゜∀゜*)ノ

英語の本を理解するには、アメリカを含め、他の国の人たちと交流することは大切です。価値観や文化、風習、彼らのノリ(?)が吸収できますものね。だから英語を話す力も、聴く力も伸ばすことは、もちろん重要です!

もっと言えば、人生経験全て、本を理解するのに無駄なことは一つもないと思います。

だけど「深く、ちゃんと英語の本を読める」ようになるには他にどんなことが必要なんでしょうか?

・洋書を一冊でも多く読む

もちろん!ヾ(*・∀・)/...でもそれだけ?

これについては試行錯誤の毎日ですが、私なりにどうしていったのかを、おいおい書いていきたいと思います。φ(・ω・ )

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

洋書を読むきっかけ

どうして私が洋書を読むようになったのか (。・o・。)ノ

私はほんの五年前まで、英語とはまっっっったく無縁の生活を送っていました。英語が嫌いだったか? と聞かれるとNO! と答えますが、英語が特に好きか? と聞かれても、その当時はNO!だったように思います。

ただ、本は大好きでした。けっこう飽きっぽいし(^∀^)ゞ 、これといって特技も趣味もないのですが、読書だけは小さいころから好きでした。

なぜか忙しくて時間がとれないと、ますます本を読みたくなる傾向があって、仕事が忙しいというのに睡眠時間を削って読んだりしていました。(今はもう体力的に無理だろうなあ。というか、今はおかげさまでたっぷり読書をする時間があります(*^-^*)シアワセ)

2001年、夫の転勤でNYへ。相変わらずの日々を送っていた私が、いきなり英語の国へ(えいごのくに!(TT0TT) ダーーッ)

ナンデスカ、コノクニハ?イッテルコト、ゼンゼンワカリマセーン。Σ( ̄ロ ̄lll)

テレビやラジオのナレーションがお経のようにしか聞こえませぬ。

アメリカ人は超friendly、スーパーで、エレベーターで、道端で、さまざまな人が話しかけてきますが、作り笑い(* ̄ー ̄*) で逃げるしかござりませぬ。

そんなo(TヘTo) 情けない日々を送っていた私の、心の支えはやっぱり本!ですが、来てまもなく、持ってきた和書は読みつくしてしまいました。(二度読んだものもあり)

本が読みたい~! でも日本の本はNYで買うと高いんです。そんなわけで、仕方なく現地の本屋さんへ。

ここで、私は洋書と出会ったのです! 忘れもしません、最初に読んだ本はこちら。

Frog and Toad Are Friends (I Can Read) Frog and Toad Are Friends (I Can Read)

著者:Arnold Lobel
販売元:Harpercollins Childrens Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実は、日本に置いてきてしまって手元にないので、定かではありませんが、私が買ったのは「Frog and Toad」シリーズが三冊か四冊分入ったスペシャル本(?)だった気がします。シリーズ最後の話を読んだとき(たしか邦題は「ひとりきり」だったかと...)、NYのアパートで感動して泣いたのを覚えています(´_`。)

英語で本を読むと、とても新鮮な感じがしました。(*゚▽゚*)何気ない一文にも、新しさを見出せるというか...それから単純に英語って面白いなあと、思ったのを覚えています。英語の言葉がもつ意味やその表現の仕方が美しいなあと。

今思うと、当時、本当の面白さや美しさなんて到底分かっていなかったと思います(そして今も)でも、自分なりには、ぱーっと新しい世界が広がった感じがしたんですよね...(*^^*)

そんなわけで、すっかり英語の本のとりことなり、そのためには本屋まで出歩くようになり、ちょっと足を伸ばして基礎クラスの英語学校に通ったりと、一年後に帰国するころには、相変わらず英語はだめですが、好きかも、なんて思えるほどにはなっていました。そして、日本に帰ってからも、英語の本に関する情熱は消えることなく、休み休みではありますが、洋書を購入して読みつづける日々が続きました。

さらに、たいした英語力もないのに、翻訳学校のクラスをとるという無茶までやってのけました。落ちこぼれの生徒でしたが、そこでたくさんのことを学べました。(以前も書きましたが、読書の方法を変えたのも、この貴重な日々がきっかけでした)

英語とはまっっったく無縁だった私。CNNがお経のようにしか聞こえなかった私。NYで人から話しかけられても、笑うしかなかった私。さて、今回のジョージアでは?

次回は、本好きが高じて、洋書を読むようになった私と英語について書きたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

Lucas

Lucas Book Lucas

著者:Kevin Brooks
販売元:Chicken House Ltd
Amazon.co.jpで詳細を確認する

作品区分: YA

ページ数: 359ページ

Cait(16歳の女の子)は、最近変わり始めた昔馴染みの友達Grayのつきあいで、パーティーに出かける。Jamieをはじめとする男の子たちはお酒とたばこに溺れている。Grayは楽しそうにしてるけれど、Caitは、彼らの下卑た笑いと汚いジョークで埋め尽くされた会話に、心から楽しめない自分を発見する。泥酔した彼らは、夜の街で見かけた少年に石をぶつけて遊びはじめる。

その少年がLucasだった。青い瞳に美しい顔立ちをしたLucasは、干潟にある小屋に一人で住んでいた。両親もいないし、出生地も年齢も分からないという。住まいを転々としながら、日々のお金を稼いでいた。「悪いことを避けるのは簡単じゃない。自分が一番良いと思うようにやっていくしかない」正直で、強いLucasにCaitは強く魅かれる。

町で行われるボート競技の日、事件は起こった。一人の女の子が溺れている。競技を見物している人たちは誰も助けようとせず、まるでショーの一部か何かのように傍観している。そこに一人の少年が飛び込んで女の子を助け出した。Lucasだった。しかし、女の子の母親はこう叫んだ。「汚らしい! うちの子に触らないでちょうだい!」母親の誤解に輪をかけて、Lucasを面白く思わなかったJamieたちも嘘をつく。「あいつが女の子を溺れさせたんだ」 Caitは、その嘘に流されるかのように一部始終を見ていたはずの大勢の人たちが、Lucasを疑いの目で見始めるのを信じられない思いで見ていた。

さらにLucasの立場を悪くする事件が起きた。女の子が、体中ナイフで切られて、血まみれになって倒れているのが発見されたのだ。「あの浮浪者がやったにちがいない」 「あいつを逃がすな」 人々はLucasに違いないと決め付けあちらこちらを捜しはじめる。―― Lucasが本当にやったのだろうか? 彼じゃないとしたら真犯人は誰なのか?彼を無実だと信じているCaitはどうするのか...

作家について

作家Kevin Brooksは、作家になりたいと思っていましたが、食べていくためにさまざまな職につきました。火葬場で補助員をやったり、ロンドン動物園で飲み物を売ったり、公務員として働いたり...。彼のデビュー作「Martyn Pig」はカーネギー賞で最終候補に残り、成功を修めました。現在は、エセックスというイギリスで最も小さな町に住んでいます。

感想

特に前半は、16歳のCaitの心情が細やかに表現されていて、読みたいけれど読みたくないくらい、心にせまってきました。人の心を先回りして感じとり、その意に沿うように行動してしまう彼女が、昔の自分に少し似ていたからかもしれません。自動車事故で母親を失い、その死から立ち直れない父親と、その父親を受け入れられない兄DominicがCaitとともに、Lucasとの出会いによって変化していくさまは人間の強さと美しさを書いている部分といってよいと思います。

清らかで勇敢で正直なLucasを人々は嫌います。憎みさえします。Lucasみたいになることも難しいけれど、そういう清らかな人間を認め、受け入れていく人間になることも、とても難しいのだと思い知ります。人間の醜さ、特に群集の愚かさが後半に向けて、みっちりと描かれています。

おそらく現代の北アイルランドの小さな町が舞台であると思いますが、干潟の小屋に一人で住み、人々から浮浪者(あるいはジプシー)と蔑まれるLucasの立場を、日本に住む私たちがどれほど自分に引き寄せて感じとることができるかという点が気になります。が、低いハードルに過ぎないと思います。

後半はミステリーの要素も加わり、話の流れにスピードも出てきて、一気に読んでしまうこと間違いなし!エンターティメントの作品としても十分読み応えのある作品だと思います。

最後に一言。作者が住むエセックス。イギリスで一番小さな町、なんて何だか素敵(*^-^*)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ 

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »